元ニートがゆるく海外移住した結果

ニート達よ、大志を抱け!!ニート、フリーター経験者が海外生活、旅、投資、就職や転職について雑記的に綴ります。

タイ観光ビザ(ツーリストビザ)をラオス、ビエンチャンで取得する方法(2018年最新情報、一人でもできるビザ申請)

 f:id:Koh_Phi_Phi333:20181009070220p:plain

 (この記事は2〜3分ほどで最後まで読めます)

 

どうも!!ピーピーです!!(*´ω`*)

タイに戻っきてから約1ヶ月が経ちました。ノービザだったため、そろそろヤバイと直前に焦りだす自分・・・(⚠タイではノービザだと30日間の滞在しか認められていません)去年も2ヶ月ほどノービザで滞在していたいし、タイ政府はどんどん厳しくしてきているので、あまり出入国を繰り返したくないんですよね。昔はビザランでガンガン長期滞在できたみたいですが、今は厳しいです。これから就職活動しようと考えているのにイミグレで止められてブラックリスト入りしたくないし。

ということで・・・タイ観光ビザを取得してきたので、その方法をブログでまとめいたいと思います!!!!バンコクからラオス、ビエンチャンまでの陸路情報は以下にまとめています。

www.xn----2017-w43exsob98b6a15c2762ac2hey1a5q8ejq1bfe1a.com

なぜラオス、ビエンチャンか

ネットで調べているとタイ王国大使館で一番簡単にビザを取得できるのがビエンチャンだと聞いたからです。これがカンボジアやマレーシアとなると少し厳しくなるんだとか、ないんだとか・・・。

それとタイの隣国ですから、陸路で簡単に行けちゃうので、やはりコスパ的にもラオス一択になりますね。

観光ビザ取得に必要な書類 

  • パスポート(6ヶ月以上の有効期限が必要)
  • 申請料1000バーツ
  • 2万バーツ(約6万円)以上が口座に入っていることの証明

日本円でも問題ないみたいなので、日本で預けている口座の通帳のコピーなどあればいいかも。自分はバンコク銀行の口座があったので、そこに2万バーツ入れて通帳をコピーしたものを持っていきました。日本の口座のコピーと、タイの口座の両方あれば確実だと思います。

  • 顔写真2枚

証明写真のデータを持っている方は、タイの写真屋で安く現像してもらえます。自分は家の近くにある写真屋でデータを持っていき、100バーツ(10枚)でやってもらえました。サイズは縦4.5㎝×横3.5㎝になります。

  • タイに住んでいる実際の住所

昔は適当な住所書けばマンペイライ、マンペイライという感じだったみたいですが、今は違います。しっかりと実在する住所を記入する必要があります。滞在先のホテルのビジネスカードにある住所を書く、または友人の住所を教えてもらうなどして用意しておきましょう。住んでいるところの何かしらの書類のコピーがあれば確実性が上がるでしょう(例えば賃貸契約書のコピー、物件所有証明書?など)

  • 申請書

必須ではありません。当日に大使館に行けば貰えますが、予め記入しておくとスムーズなので準備しておいた方がいいでしょう。こちらからダウンロードできます。

  • パスポートの顔写真・ラオス入国のスタンプのプリント

こちらはタイ大使館内にあるコピー機でプリントするか、大使館の隣にあるお店でプリントしてもらえます(2枚で10バーツ)

  • 帰りの航空券

自分は一応帰りの航空券があったのでプリントして提出しました。しかし、持ってきてない人も多くいたので必須ではないと思われます。

 

タイ大使館 申請場所の詳しい情報

⚠大使館って英語でEmbassyなので、「Embassy of Thailand」かなと思うんですが、申請場所は「Thailand Consular Section」になります。googleマップなので現地へ向かう歳は「Thailand Consular Section」と検索しましょう。

 下の地図を見てもらえば分かると思いますが、ややこしいですよね(;´Д`)

f:id:Koh_Phi_Phi333:20180317195002p:plain

 

 建物外観

f:id:Koh_Phi_Phi333:20180317195427j:plain

 

f:id:Koh_Phi_Phi333:20180317195516j:plain

隣にあるこちらのお店でパスポートのプリントしてもらえます。ちなみに写真を用意していない場合は、こちらでも撮ってもらえるみたいです。建物前に着くとおっさんが話しかけてくるので、パスポートのプリントしたい!!と言えば連れてってくれるでしょう。隣だから自分から行ってもいいと思いますが。

f:id:Koh_Phi_Phi333:20180317195622j:plain

すぐ近くにこちらの黄色い看板のホテルがあります。広い通りを歩いてこの看板を見つけたらすぐです。 

f:id:Koh_Phi_Phi333:20180317195822j:plain

建物内観

門をくぐったらこんな感じ。この奥で申請をしています。

f:id:Koh_Phi_Phi333:20180317200048j:plain

自分が到着した時には既に列ができていました。たぶん月曜日だったからだと思われます。時間も10時あたりだったので、だいぶ遅かったですね。

f:id:Koh_Phi_Phi333:20180317200049j:plain

申請場所の隣にある建物にプリンター機があるので、こちらでもパスポートのプリントが可能です。

f:id:Koh_Phi_Phi333:20180317200052j:plain

隣にあるお店と同じで一枚5バーツでプリントができます。プリントだけではなく、写真もとってもらえるんですね。

f:id:Koh_Phi_Phi333:20180317200053j:plain

ビザ申請当日

ビザ申請はパスポートと必要書類を提出し、こちらの引換券を貰い終了です。次の日の受け取りに忘れずにこちらを持っていきましょう。さて、左に書いて有る491という番号・・・僕はこれがまさか当日の番号であるなんて予想もしてなかった・・・。

f:id:Koh_Phi_Phi333:20180317202629j:plain

受付時間

  • ビザの申請:8:30〜12:00まで
  • ビザ受け取り:13:30〜16:00まで

上記の通り、ビザ申請には申請と受け取りで2日間必要になります。なので、最低でもビエンチャンに一泊しないとダメなんですね。ビザ申請代金の1000バーツは受け取りの日に支払うことになります。

それとラオスの祝日は申請を受け付けていないので、しっかり確認して行きましょう。

祝祭日 | ラオス - アジア - 国・地域別に見る - ジェトロ

自分の場合

僕は11日の夜行バスでバンコクからノンカイまで行き、そこからラオス入りして、そのままタイ大使館に直行しました。ラオス入りできたのが8時くらいで、そこから大使館まで1時間以上かかり、着いたのが10時くらいでした。

短期間の滞在でビザ取得したい場合は、どう頑張ってもこれが限界かもしれません。もちろん陸路ではなく、空路で移動する場合は変わってきます。

ビザ受け取り

ゲストハウスで仲良くなったロシア人と二人で大使館に向かったのですが、ホテルのチェックアウトが11時からと早くて時間が余ったので、近くにあったThe Pizza Companyというレストランでご飯食べて1時くらいまで時間つぶしてました。しかし、今考えるともっとレストランで時間つぶしてればよかったと後悔しました・・・。

1時に着いたらこの激混み・・・。あの引き換え券に記載してあった番号、491というのは・・・491番目ということなんですね!!!!!しっかりと1番目から順番に対応していたので、この日に500人近い外国人がビザ申請をしていたということになります(;´Д`)

f:id:Koh_Phi_Phi333:20180317203155j:plain

番号順に呼ばれてビザを受け取る形になるので、どんなに早く大使館に来ても後半の番号だと全く意味がありません。数日前にラオスの祝日があったこと、月曜日であったため悪いタイミングが重なり申請者が多くなってしまいました(;´Д`) 

それとタイ、観光ビザのためのツアーがあるみたいで、多くの欧米人はそれでビザを申請していました。一気に30人くらいがツアーで受け取っているため、個人で来ている人は申請が遅れると後ろになってしまうんですよね。たぶん業者が朝早くから並んでるのかなと思う。

 

最終的に自分がビザを受け取れたのは3時30分くらいで、1時間以上は待ちました。外で待っているようなものなので暑いんですよね・・・。個人的に番号がかなり後ろになってしまった方はホテルでゆっくりするか、近くのレストランで番号が近くなるまで待つことをおすすめします。

観光ビザを取得

なんとかビザを取得できてホッとしました。これでまず3ヶ月 2ヶ月はビザについて考えなくてもいい(観光ビザは一度取得すると3ヶ月2ヶ月滞在可能です)もう少し観光ビザで長く滞在したいと思ったら、次からはバンコクかパタヤにあるイミグレで更新できるからラオスまで行かなくてもいいし助かる(*´ω`*)

 

関係ないけど、仲良くなったロシア人は学生ビザを取得しに来ていたので、申請料が観光ビザより高い2000バーツだと言っていました。タイに滞在がこれで2年目とのことで、去年も学生ビザで滞在していたようです。パタヤにある英語学校に登録しているけど、あくまで登録だけで、普段はまったく授業に行ってないんだとかw 学校も必要な時だけ出席するよう連絡してくるみたいで、マジでゆるゆるだなと思ったw

語学学校に年間2万バーツくらい払えばいいとか言ってたかな?そこら辺はよく覚えてないや。

f:id:Koh_Phi_Phi333:20180317204625j:plain

観光ビザ(ツーリストビザ)は2ヶ月などで注意!!

ブログ主ピーピーは3ヶ月だと勘違いして、見事にやらかしオーバーステイしました。ビザの期限は入国時におされたスタンプに記載されいてる日付をしっかりと確認しておきましょう。観光ビザの期限は2ヶ月であるということだけは頭の片隅に置いておきましょう。

僕はこのミスで4000バーツ(12000円くらい)の罰金を払いました・・・。自分のようなミスを皆さん経験しないようこちらの記事で詳しく説明してあります。ご参考ください。

www.xn----2017-w43exsob98b6a15c2762ac2hey1a5q8ejq1bfe1a.com

観光ビザ(ツーリストビザ)について(最新情報 追記)

⚠2018年8月から観光ビザ取得が厳しくなり、銀行ステートメントと航空券の提出を求められるようになっているという情報を他サイトでチラホラ見かけます。実際に2018年の9月にビエンチャンで観光ビザを取得された方に話を伺ってみました。

 

コメントありがとうございます。記事に書いてあるのを見ていただければわかると思いますが、私が申請したのは2018年の9月です。銀行口座と航空券は不要です。日本人が書いているブログでなぜかそう言った情報をチラホラ見かけますが、私はタイビザに関する外国人専用の情報交換コミュニティにも入っておりますので、ほぼ毎週ラオスのヴィエンチャンでのビザ申請に関する質問、回答があがってきますが、今日の時点でそう言った情報は確認できておりません。なので2018年9月の時点、というか今日(10/9)の時点で、ラオスのヴィエンチャンでタイの観光ビザを申請するなら銀行口座の情報と航空券は要求されません。(提出している人は見かけますが)ただし、非常識なレベルで長期滞在を繰り返している場合はお金に困っていないことの証明、帰る意思があるという証明がビザ取りに対して有利に働くことはあるかもしれません。

 

実際にこの方も今まで通り普通に観光ビザを取得できたみたいなので、今のところ問題ないと考えられます。もちろん非常識に何度もビザランや観光ビザを取得している場合は拒否される可能性はありますが・・・。まだ数回程度あれば、問題ないでしょう。

自分が泊まった激安ホテル

今回は一人でしたし、目的が観光ビザだったので、できるだけ安いホテルを探して予約しました。

 

ビエンチャンバックパッカーズホテル

f:id:Koh_Phi_Phi333:20180317205305p:plain

こんな感じのホテル

f:id:Koh_Phi_Phi333:20180317205443j:plain

f:id:Koh_Phi_Phi333:20180317205448j:plain

シミとかはあったけど、ラオスでは特別汚いというわけではない。むしろ綺麗な方なので、まずまず合格。

f:id:Koh_Phi_Phi333:20180317205451j:plain

ドミトリー部屋は大半が欧米人の人達でした。それと日本人?っぽい中年の人達が数名いました。

f:id:Koh_Phi_Phi333:20180317205452j:plain

洗面所も男女共有だけど綺麗でした。

f:id:Koh_Phi_Phi333:20180317205454j:plain

シャワーの水圧はそれなりに強く満足できました(*´ω`*)

f:id:Koh_Phi_Phi333:20180317205455j:plain

宿泊費

簡単な朝食もついて、なんとこのお値段!!!!!安い!!!!!!!!自分はHotels.comで予約したので、他だともっと安いかも。荷物用の鍵もフロントで100バーツをデポジットで払えば、貸してもらえるのでセキュリティは問題ないと思いました。

f:id:Koh_Phi_Phi333:20180317205754p:plain

感想

一泊するだけなら十分すぎると思いましたが、ルアンパバーンで泊まったゲストハウスと比べるとまだまだかな。オーナーが無愛想なので、少しイラッときますw 他の宿泊客もいらっと来てるのか、トイレに彼の似顔絵が落書きされていました(;´Д`)

でも、ここで宿泊したお陰でロシア人の友達ができたので良い思い出が作れました。団体で来ていた日本人の大学生バックパッカーとも会ったので、日本人もちょいちょい泊まっていると思います。

www.xn----2017-w43exsob98b6a15c2762ac2hey1a5q8ejq1bfe1a.com

 観光ビザ取得でかかった費用合計

  • 深夜バス(バンコクからノンカイ):494バーツ
  • ホテル代:518円
  • ビザ申請費用:1000バーツ
  • 現地での飲み食い:300バーツほど
  • 帰りの鉄道代(ラオスからバンコクまで):213バーツ

合計:7000円ほど(もう少しかかってると思う)

MAPS.MEがおすすめ!!!!

たった1日の滞在のためにSimカード購入するのもったいなかったので、自分はマップをすべてMAP.MEで済ませました。予め地図をダウンロードしておけば、ネット環境がなくてもGPSで道を案内してくれます!!!!これは本当におすすめ!!!!!!自分はこれのお陰で道に迷うことなく旅ができたし、バス以外はすべて歩きで済ませました!!!

play.google.com

ビエンチャンからバンコクまでの鉄道旅

今回、ラオスからタイまでは鉄道で戻りました。チケット代金、時刻表など詳しく説明してあるので、ご参考ください。

www.xn----2017-w43exsob98b6a15c2762ac2hey1a5q8ejq1bfe1a.com

海外旅行保険をクレカで無料にする方法

クレジットカード付帯の海外旅行保険を使えば、高額な海外旅行保険を無料で使える方法があることをご存知ですか?(*´ω`*) こちらの記事で詳しく説明しています。 

f:id:Koh_Phi_Phi333:20180328170119j:plain