元ニートがゆるく海外移住した結果

ニート達よ、大志を抱け!!ニート、フリーター経験者が海外生活、旅、投資、就職や転職について雑記的に綴ります。

海外移住にて日本語のみ可能なお仕事を見つける方法!!とくに女性におすすめ!!体験談も紹介!!

f:id:Koh_Phi_Phi333:20181007095937p:plain

(この記事は約3分ほどで最後まで読めます)

 

どうも!!!ピーピーです(´・ω・`)

今まさに海外就職中の僕ですが、その中で日本語のみでOKという求人をよく見かけます。日本語のみだから待遇悪いんじゃない?と思われるかもしれませんが、意外によかったりします。僕が就職活動で見た求人、また実際に海外で働かれている方々を知っているので、そのケースを紹介したいと思います。

英語ができないから海外就職を諦める

日本人は英語が苦手な方が多いので、海外就職したいという方は多いけど、どうしても諦めがちですよね。確かに日本語だけだと海外での仕事で不安も大きく感じると思います。海外で働きたいという層は意外と女性の方が多いのですが、やはり男性よりも慎重になる性格が多いので、動く前にしっかり考える方多いと思います。

しかし、え〜いや!!で海外に出てきて、人生を楽しまれている方を実際に多く知っているので、こちらの記事を通して少しでも一歩前に出る勇気を与えられたらなと思います。

日本語で可能な求人

寿司職人、日本食レストラン

f:id:Koh_Phi_Phi333:20181007102008j:plain

(上の写真は地元北海道の回転寿司で食べたお寿司)

 

日本人といったら寿司ですよね。海外でも2012年あたりから一気にブームになり、今では現地の外国人が寿司レストランをオープンする時代です。そのため寿司職人というポジションはそれなりに需要があります。

実は僕、短期間ですがドイツにワーキングホリデー短期間だけ滞在した際に日本人経営の寿司屋でアルバイトをしたことがあります。その経験からいうと・・・仕事はキツイですw その時に何人か欧州で働く日本人女性を会う機会がありました。お二人いるのですが、簡単にご紹介したいと思います。

ドイツの日本食レストランでホールスタッフとして働いています。やはり飲食店って仕事きついくて、最初はキツイキツイと感じました。大変でしたが、なんとか5年以上続けられて、永住しようと考えています。

私はポーランドで寿司職人として働いています。日本で数年修行した後に向こうで現地就職して、寿司シェフとして働いています。オーナーもポーランド人なので、働きやすいですよ。

いや〜二人とも永住を視野に入れて頑張ってるんですね。やはり女性は強い・・・ちなみに自分は光の速さで日本食レストラン辞めました・・・。

日本語教師

日本語教師!!!実は僕たちの言語は世界でまだまだ需要があります。欧州だと日本語学科が凄い大人気だったり、アジアでも日本企業に勤めたいという若者が多かったりします。そんな外国人に日本語を教えるお仕事は常にあるのです。

僕がお会いしたことある方はフランスの大学で日本語教師をされている方でした。フランス人の彼氏がいて、現地での生活を楽しまれていましたね。また僕の友人のお母さんで、ベトナムや中国で日本語教師をして、英語や中国語などを身に着けた後に営業など別の仕事にステップアップした例もあります。今はその経験を活かして、日本で働いておられます。余談ですが、外国人がみんな使う日本語の教科書は「みんなの日本語」というテキストになります。

 

コールセンター

東南アジアでの海外就職をしていて一番多いなと思うのがコールセンターです。実際に何件か人材紹介会社に紹介されて、応募しました。人件費の安い海外にコールセンターなどカスタマーサービス関連の業務を移したいという企業が多いのです。東南アジアであれば、圧倒的にマレーシアとタイが多いです。マレーシアであればガンガン募集があります。コールセンターで、日本語のみなんだから給料安いんでしょ?と思われるかもしれませんが、これが意外とよかったりします。僕が紹介された求人で5万5000バーツ(日本円で19万ほど)、半年後には6万バーツ(208000円)になるので、物価の安いタイであれば全く問題ないです。まずコールセンターで働きながら、他の仕事にステップアップという流れもありなのかなと最近考えています。日本からJACリクルートメントパソナキャリアなどに登録して、無料で電話面談で対応してもらえるので、まずはどんな求人があるか話を聞いてみることをオススメします。

 

実際に僕が体験した海外就職記事の一つがこちら。その他もこちらで紹介中です。

www.xn----2017-w43exsob98b6a15c2762ac2hey1a5q8ejq1bfe1a.com

ITエンジニア

f:id:Koh_Phi_Phi333:20171112152149j:plain

やはり技術職は強いですね。僕も日本でネットワークエンジニアというITエンジニアだったんですが、できればこの仕事で海外就職したいと考えてます。東南アジアだと圧倒的にマレーシアが多いです。タイであれば、アプリケーションエンジニアやWEBエンジニアの方が需要があるため、そこら辺の知識がある方は目指されてはいかがでしょうか。 未経験で、何か手にスキルをつけて海外で働きたいという方は、まず日本で経験を積むことも考えてみてはいかがでしょうか。こちらの記事で説明しています。

営業

東南アジアで圧倒的に多い仕事が営業です。欧州では少ないですが、海外進出が著しいアジアで日本人が一番求められてる仕事はここになります。基本的に日本企業に営業をかけるポジションが多いため、簡単な英語がわかれば働けるケースが多いです。実際にこちらもJACリクルートメントパソナキャリアなどで多く紹介されます。

男性の方がいいというところもあれば、女性の方が優位に売り込めるというポジションもあり、様々です。日本で営業経験がある方は有利に給料交渉もできるので、挑戦してみてはいかがでしょうか。

秘書

最後にこれですね。日本企業の駐在員などのサポートをする秘書。駐在員はかなり忙しい人が多いため、スケジュールを調整するための人間が必要になります。さすがに男性秘書は見栄えが悪いので、女性秘書を募集しているケースが多いです。きめ細やかなサービス精神を持てる方はオススメですよ。

まとめ

今の時代、グローバル化が進み、海外で働くチャンスはいくらでもある時代です。海外に数年でもチャレンジしてみたいという気持ちがあるなら、挑戦してみてもいいと思います。無理なら帰ってきて立て直せばいいし、人手不足の日本ならいくらでも仕事はあるでしょというのが僕の楽観的な考えですねw 言えることは海外生活をうまく楽しまれている方は圧倒的に女性が多いです。やはり環境に対する適応能力は女性の方が高いのかもしれませんね。

 

下のような海外移住に役立つ記事を定期的にあげています。是非こちらもお読みください。

www.xn----2017-w43exsob98b6a15c2762ac2hey1a5q8ejq1bfe1a.com