元ニートがゆるく海外移住した結果

ニート達よ、大志を抱け!!ニート、フリーター経験者が海外生活、旅、投資、就職や転職について雑記的に綴ります。

海外移住で国民年金を免除すべきかどうかデメリット・メリットを説明!!!海外就職・現地採用の方必読!!!

 

 

どうも!!!ピーピーです

海外移住、海外就職を検討されている方が悩む一つに年金をどうすべきかが上がってくると思います。結論から言うと僕は年金を止めています。しかし、では皆さん年金を止めた方がいいよ!!とは言えません。なぜならデメリット・メリットがそれぞれあるため、個人で答えは大きく変わってくるからです。本記事では年金を払い続けるべきか、止めるべきかの参考となる情報を提供していきたいと思います。

年金免除するメリット・デメリット

メリット

  • 月々16340円、年間196080円の固定費がなくなる
  • 将来的な年金の受け取り期待値を考えたら、払わない方がいいという考えならお得(特に若ければ若い方ほど可能性が高い)

デメリット

  • 年金を支払わないことで障害者年金を受け取ることができなくなる。そのため何か事故で障害があったら年金を受け取れない。
  • 今のところ年金を支払う人間の方が多いため、マイノリティな存在になる。

 

年間20万近い固定費がなくなることは一番大きいですよね。若い人達はこれから年金を受け取れるか不明ですし、思い切って払わないという選択肢をとるのも選択肢としてはありかもしれません。

しかし、上にもあげたように障害者年金を受け取れないため何かあると障害者として国に甘えられなくなるのです。それが一番のデメリットです。

年金を支払っている人間が減っているという勘違い

よく年金の支払う人間が減っていると仰る方がいますが、具体的には国民年金の支払いが減ってるんですね。ニート、フリーター、若者の貧困層が増えているため年金を支払いができないという人間が増えているのです。

しかし、大半の方がサラリーマンとして生活しています。会社に雇われている方は厚生年金に加入することになりますから、大半の方々は毎月自動的に給料から引かれています。そう考えると年金を払っている方が大多数で、払ってない方は少数なのです・・・。

  • 国民年金
  • 厚生年金(世間の大半は厚生年金)

海外移住する国によっても変わる(社会保障協定)

社会保障協定とは、別の国で働いて支払った年金は、母国の年金と一緒にできるというシステムです。社会保障協定を結んでいる国で、働かれる方は現地で払った年金を日本と合算できるのです。例えば以下の図のように社会保障協定を結んでいるドイツで働いた場合は、年金の支払いはドイツのみOKです。仮に日本に帰国しても、ドイツで支払った年金は日本と合算できるのです。

そのため社会保障協定を結んでいる国で働かれた場合は、日本と同じく年金は給料から天引きのため結局支払うことになります。日本で年金免除しても結果的に払うことになります。

f:id:Koh_Phi_Phi333:20180813165750p:plain

社会保障協定を結んでいる国

以下の国で働かれた場合は年金を日本と合算できます。

f:id:Koh_Phi_Phi333:20180813170706p:plain

海外移住で年金を免除する方法

海外移住のため住民票を抜くことで、年金の支払い義務がなくなります。年金を支払いたくないと考えている方は住民票を抜くことが、一番簡単な年金免除方法です。注意すべきことが住民票を抜いても自動的に年金免除にはんらないこと。別途、住んでいる地域の年金事務所に年金免除の手続きが必要になります。

自分の場合は戸籍附票を区役所で発行してもらい、それを年金事務所に提出するよう言われました。

www.xn----2017-w43exsob98b6a15c2762ac2hey1a5q8ejq1bfe1a.com

 

www.xn----2017-w43exsob98b6a15c2762ac2hey1a5q8ejq1bfe1a.com

海外移住を強く考えている人は年金など悩む必要はない

 

東南アジアにいる身としては、正直年金など年をとったら国が面倒を見てくれるという制度自体が珍しく、大半の国は保証なんてありません。社会保障協定のある国で働かれる場合は、年金を支払うことになりますが、すべて先進国です。世界の大半が後進国、発展途上国であることを考えると年金システム自体が珍しいのです。

 確かに不安などはあると思いますが、海外移住することでその国で生き抜く力を身につけることで、その不安も薄らいでくると思います。また海外で鍛えられたスキル、精神力があれば仮に日本に帰国しても仕事はあります。日本で働けば、再度厚生年金に加入することになるので、国民年金で支払わなかった期間はすぐにカバーできるでしょう。

あくまで個人的な意見になりますが、年金免除で悩んでいる方はご参考ください。

気をつけることは海外医療保険

年金よりも一番気をつけるべきことは「海外医療保険」です。将来の年金受取りを心配するよりも、現地で病気や怪我になるリスクの方が恐ろしいです。高い海外旅行保険の支払いをクレジットカードで無料にできる方法を下の記事で説明しています。是非参考にしてください。

www.xn----2017-w43exsob98b6a15c2762ac2hey1a5q8ejq1bfe1a.com

海外移住で仕事、お金を稼ぐ方法

海外移住するにもお金を稼がないといけません。お金を稼ぐ方法について記事で説明しましたので、こちらもご参考ください(*´ω`*)

www.xn----2017-w43exsob98b6a15c2762ac2hey1a5q8ejq1bfe1a.com