元ニートがゆるく海外移住した結果

ニート達よ、大志を抱け!!ニート、フリーター経験者が海外生活、旅、投資、就職や転職について雑記的に綴ります。

ヤンゴンにあるシュエダゴン・パゴダに行ってきた!!日中と夜で全然違う!!入場料や行き方なども紹介します!!

どうも!!!ヤンゴンに旅行中のピーピーです(`・ω・´) 

ミャンマーといったらシュエダゴン・パゴダですよね!!やはりメインの観光地と言っても過言ではないと思うので、ここは昼と夜両方しっかりと見てきました。正直、ここ行けばヤンゴン観光したと言えるくらいメジャーどころです。しっかりと記事でご紹介していきたいと思います。

 

ミャンマーにあるパゴダ三大聖地 

  • シュエダゴン・パゴダ
  • チャイティーヨー・パゴダ(ゴールデンロック)
  • マハムニ・パゴダ(マンダレーにあるパゴダ)

 

チャイティーヨー・パゴダ(ゴールデンロック)に関する記事はこちら

www.xn----2017-w43exsob98b6a15c2762ac2hey1a5q8ejq1bfe1a.com

シュエダゴン・パゴダ 基本情報

歴史

  • 約2500年前に建てられたもの凄い歴史がある建物
  • 地震で何度も破壊されているため、現在のものは15世紀ごろのものと言われている
  • 1608年にポルトガルに占領され、30トンもの鐘を略奪される。しかし、それも川を渡る際に落としてしまい一生見つからなくなる(間抜けすぎる・・・)
  • 1824年にイギリスに占領される

このように幾度も災難に合っている暗い歴史があるパゴダなんですね・・・。

入場料、服装など

入場料は10000チャット(700円くらい)かかります。入り口で支払う必要があります。

f:id:Koh_Phi_Phi333:20181026144219j:plain

服装は肌を露出しない格好で、短パンやタンクトップだと止められる可能性があります。短パンの場合、ロンジーを受付でレンタルできます(1000チャットをデポジットする)

f:id:Koh_Phi_Phi333:20181026144239j:plain

自分も短パンだったので、ロンジーをレンタルしました。

f:id:Koh_Phi_Phi333:20181026144710j:plain

アクセス方法

市内の中心にあるため簡単に行くことができます。Grab taxiを使えば、行かれることをオススメします。自分の場合は、片道2300チャット(160円くらい)で行くことができました。スレー・パゴダから近いところに宿をとっていて、所要時間10分くらいで着きました。帰りも自分の入り口(東西南北)で設定することができるので、指定して、自分がいる場所の写真を送れば分かってもらえると思います。

 

Grab taxiの使い方に関しての記事はこちら

www.xn----2017-w43exsob98b6a15c2762ac2hey1a5q8ejq1bfe1a.com

シュエダゴン・パゴダは入り口が4つある

入り口が4つあるため、どこから入ればいか迷います。自分は西口(WEST)から入りました。そこだとスタッフがしっかり対応してくれます。靴も預かってもらえるので助かりました。それぞれの入口でエレベーター、エスカレーター対応と異なりますが、エスカレーターの方が利用しやすかったので、西口がいいかもしれません。

f:id:Koh_Phi_Phi333:20181026144309j:plain

帰りに水やウエットティッシュを無料で貰えたので、歩き回って疲れていた自分は助かった(*´ω`*)

f:id:Koh_Phi_Phi333:20181026144914j:plain

 

f:id:Koh_Phi_Phi333:20181026144915j:plain

気をつけるべきこと

入り口付近で話しかけてきて、「何年生まれで、誕生日はいつだ?」と聞いてきて、お祈りする位置を案内してやる。未来を知るために必要なんだと営業してくるミャンマー人がいますが、断りましょう。どこの国もそうですが、そういう人間は信用できません。値段も最初に伝えてこないので親切心かと勘違いしますが、案内した後に高い金額を要求してくるパターンです。

パゴダへ向かう途中に売店がたくさんありますが、他の国に比べると強く営業してこないので、そこは安心かもしれません。

また床がちょいちょい汚れているので、足が汚くなります。お気に入りの靴で行かれることはオススメしません。もし靴を汚したくない方は、ウエットティッシュを持参しましょう。

シュエダゴン・パゴダ(日中) 

ここが西口(West)の入り口になります。

f:id:Koh_Phi_Phi333:20181026145235j:plain

 

f:id:Koh_Phi_Phi333:20181026145246j:plain

おお!!!エスカレーターがある!!!キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

f:id:Koh_Phi_Phi333:20181026145257j:plain

エスカレーターが想像以上に長いです!!!

f:id:Koh_Phi_Phi333:20181026145314j:plain

ここで手荷物検査を受けて、行きます。チケットと一緒にステッカーも貰えると思いますが、できだけ紛失しないようにしましょう。自分は速攻で無くして、チケットをいちいち見せる必要があったんでめんどかったです。

f:id:Koh_Phi_Phi333:20181026145329j:plain

とうとう黄金い輝くシュエダゴン・パゴダご対面キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

f:id:Koh_Phi_Phi333:20181026145338j:plain

想像以上にでかくて、金、金、金!!!

f:id:Koh_Phi_Phi333:20181026145348j:plain

ロンジーを着ながら写真撮ってもらいました。自分は朝9時に行ったのですが、天気がよく、既に床が熱くなり始めてましたw 日中行かれる方は早朝の方がいいと思います。

f:id:Koh_Phi_Phi333:20181026145603j:plain

このようにパゴダへ向かう道では、売店が並んでいます。東西南北どこの入り口も同じでした。

f:id:Koh_Phi_Phi333:20181026145356j:plain

 

詳しい地図はこちら(西口)

シュエダゴン・パゴダ(夜)

夜は北口(North)から行きました。そこでは西口の時みたいな靴を預かってくれるサービスもなく、なぜか受付もなかったため無料で入れてしまいました。入り口によって入場料が有無があるのか、それともタディンジュ満月の祝日のためかからなかったのか分かりません・・・。

f:id:Koh_Phi_Phi333:20181026150628j:plain

 

f:id:Koh_Phi_Phi333:20181026150637j:plain

 

f:id:Koh_Phi_Phi333:20181026150647j:plain

夜だとまた日中と違う雰囲気です!!個人的には夜の方が感動しました(*´ω`*)

f:id:Koh_Phi_Phi333:20181026142805j:plain

タディンジュ満月の祝日」だったため、ミャンマー中からお祈りしに観光客が来ていて、賑やかでした。日本人もちょいちょい見かけましたよ。写真のように満月が凄いキレイでした。

f:id:Koh_Phi_Phi333:20181026152456j:plain

 

f:id:Koh_Phi_Phi333:20181026150659j:plain

多くのミャンマー人はとても信心深く、このようにお祈りされてる光景を目にすることができました。日本の仏教とは違い、手を合わせながら、しゃがんで、立ち上がりを何回か繰り返すという感じでした。なんかイスラムの礼拝と仏教を混ぜたような感じでしょうか。

f:id:Koh_Phi_Phi333:20181026150708j:plain

 

f:id:Koh_Phi_Phi333:20181026150721j:plain

 

f:id:Koh_Phi_Phi333:20181026150812j:plain

 

詳しい地図はこちら

まとめ

昼と夜と違った顔を見れるシュエダゴン・パゴダですが、アクセスは楽なので、時間がある方はどちらも行かれることをオススメします。自分は夜の方が感動したので、どちらか選ぶとしたら夜ですね(*´ω`*)

 

その他、ミャンマーに関する記事はこちら

www.xn----2017-w43exsob98b6a15c2762ac2hey1a5q8ejq1bfe1a.com

海外旅行保険をクレカで無料にする方法

クレジットカード付帯の海外旅行保険を使えば、高額な海外旅行保険を無料で使える方法があることをご存知ですか?(*´ω`*) こちらの記事で詳しく説明しています。 

f:id:Koh_Phi_Phi333:20180328170119j:plain