元ニートがゆるく海外移住した結果

ニート達よ、大志を抱け!!ニート、フリーター経験者が海外生活、旅、投資、就職や転職について雑記的に綴ります。

カンチャナブリにある「戦場にかける橋」で有名なクウェー川鉄橋とアルヒル桟道橋に行こう!!

f:id:Koh_Phi_Phi333:20190507005206p:plain

 記事で紹介する内容

  • バンコクからカンチャナブリへの行き方
  • カンチャナブリにある「戦場にかける橋」をご紹介
  • クウェー川鉄橋
  • アルヒル桟道橋

(この記事は約2〜3分で、最後まで読むことができます) 

 

どうも!!!タイ在住ブロガーのピーピーです(`・ω・´)  

今回、カンチャナブリを一泊二日で弾丸旅行してきました!!カンチャナブリを訪れる観光客は、やはり映画で有名になったクウェー川鉄橋とアルヒル桟道橋を目的に来られる方が多いと思います。過去の歴史から日本と馴染みがある場所でもあるので、日本人は是非訪れるべきスポットの一つではないでしょうか。今回は記事で有名な橋はこんな感じでしたよ〜とラフにご紹介してまいります!!

  

バンコクからカンチャナブリ行き方

僕は今回、バンコクから車を運転して行ったため参考にならないと思いますが、片道で3時間近くかかるためオススメしません(;´∀`)距離的には150キロほどあり、渋滞が頻発するタイではなかなか消耗いたします・・・。

位置的にはミャンマーとの国境にあるため、バックパッカーでこれからミャンマー入りを考えている方は丁度良いかもしれませんね。

公共交通機関を利用して行く方法

  • バスで行く方法

南バスターミナルからカンチャナブリ駅のバスが出ています。チケットは片道110バーツ(380円ほど)でエアコン付きのバスみたいなので、快適な旅が可能ですね。他の方のブログを読んでてもバスは快適だったという感想が多いですし。

 

 

  • 鉄道で行く方法

 鉄道を利用する場合はトンブリー(Thon Buri)駅発で、カンチャナブリー経由ナムトック行き(Nam Tok)行きに乗れば到着します。個人的には一番旅を楽しめるコースだと思うのですが、問題は1日2本しかでていないことですね・・・。逃すと予定が大幅に狂います(;´∀`) 7:50発13:55発のみなのでご注意ください。チケット料金ですが、外国人は100バーツ(330円ほど)で、タイ人は25バーツ(80円ほど)と区別さているそうですw

 

  

クウェー川鉄橋で有名な映画

  • 戦場にかける橋(The Bridge on The River Kwai)

 

  • レイルウェイ 運命の旅路(The Railway Man)

 

 クウェー川鉄橋が有名になった映画の作品は「戦場にかける橋」ですが、2013年に上映された「レイルウェイ 運命の旅路」もカンチャナブリを舞台にした作品です。この戦場にかける橋ですが、実は作品中に出てくる橋と実物は全く違うんですよね(;´∀`) 実物は鉄筋なのに対して、作品では木製と超脆そうなものになりますw 詳しくはこちらの記事で説明してくださっております。

www.yasuhara.co.jp

 

クウェー川鉄橋 

f:id:Koh_Phi_Phi333:20190507002854j:plain

こちらがカンチャナブリで最も有名な観光スポット、クウェー川鉄橋になります!!1943年に完成して、約70年もたつのに今も交通インフラとして使われているのは凄いですよね。

f:id:Koh_Phi_Phi333:20190507002902j:plain

皆さんスイスイ渡っていきますが、高所恐怖症の方は辛いかもです(;´∀`) 僕はそこまで普通に渡れましたが、70年以上もたつことを考えると橋が崩れないのかだけ不安でしたね・・・。

f:id:Koh_Phi_Phi333:20190507002910j:plain

 

f:id:Koh_Phi_Phi333:20190507002913j:plain

鉄道が来たら、こちらの待機場所に避難する必要があります。本数が少ないので、その時間に被る確率の方が少ないかもしれませんが。

f:id:Koh_Phi_Phi333:20190507002755j:plain

 

f:id:Koh_Phi_Phi333:20190507002831j:plain

 

f:id:Koh_Phi_Phi333:20190507002835j:plain

橋から観える中華寺院の景色が素晴らしいです(*´ω`*) 

f:id:Koh_Phi_Phi333:20190507002840j:plain

反対側はまたローカルな景色を楽しめます(*´ω`*)

f:id:Koh_Phi_Phi333:20190507002847j:plain

 

f:id:Koh_Phi_Phi333:20190507002750j:plain

こちらが時刻表になります。外国人はどの駅で降りても100バーツだそうです。

f:id:Koh_Phi_Phi333:20190507002851j:plain

 

f:id:Koh_Phi_Phi333:20190507002859j:plain

自分が到着した時に丁度鉄道を観ることができました(*´ω`*)

f:id:Koh_Phi_Phi333:20190507002906j:plain

想像以上に電車が短くて、橋を通っている時の写真が間に合わず・・・。

 

夜のクウェー川鉄橋

f:id:Koh_Phi_Phi333:20190507003102j:plain

ライトアップされたクウェー川鉄橋もまた昼とは違った顔で観る価値ありですよ!!

f:id:Koh_Phi_Phi333:20190507003111j:plain

 

f:id:Koh_Phi_Phi333:20190507003106j:plain

外側は十分にライトアップされてるんだけど、内側は暗いので夜橋を渡るのは控えた方がいいかもしれないです。

f:id:Koh_Phi_Phi333:20190507003114j:plain

 

f:id:Koh_Phi_Phi333:20190507003121j:plain

 白人さんと一匹の犬が渡っていきましたが、彼らはどこへ行くのだろうか。

f:id:Koh_Phi_Phi333:20190507003119j:plain

橋のすぐ隣にレストランがあるため、こちらで景色を楽しみながら食事することも可能です(*´ω`*)

詳しい地図とアクセス方法

カンチャナブリ市内中心地にあるためバスやタクシーなどでアクセスは簡単です。博物館もすぐ近くにあるので、一緒に観光されたらいかがでしょうか。

 

 

アルヒル桟道橋 

f:id:Koh_Phi_Phi333:20190507003610j:plain

クウェー川鉄橋に続き有名な橋が、アルヒル桟道橋になります!!こちらも橋を歩いて渡ることができるのですが、正直こちらの方が恐い!!木製だし、隙間が広くて、よそ見しながら歩いてると足引っ掛けそうになる。カメラ持ちながら歩いてましたが、動画の撮影は危ないから気をつけましょう(;´∀`)

f:id:Koh_Phi_Phi333:20190507003614j:plain

 

f:id:Koh_Phi_Phi333:20190507003632j:plain

このように慎重に一歩ずつ歩き進めておりました。 

f:id:Koh_Phi_Phi333:20190507003642j:plain

 

f:id:Koh_Phi_Phi333:20190507003706j:plain

 f:id:Koh_Phi_Phi333:20190507003638j:plain

すぐ隣にレストランがあるため、ここから景色を眺めながら食事することができます!!

f:id:Koh_Phi_Phi333:20190507003602j:plain

 橋まで向かうまでの通り道はお土産屋さんがズラーと並んでおります。

f:id:Koh_Phi_Phi333:20190507003606j:plain

 f:id:Koh_Phi_Phi333:20190507003619j:plain

クラサエ洞窟(Kra sae cave)

f:id:Koh_Phi_Phi333:20190507003711j:plain

アルヒル桟道橋をのすぐ隣にクラサエ洞窟があり、ここも必見です!! 

f:id:Koh_Phi_Phi333:20190507003728j:plain

信仰心が強いタイ人ですから、ここでお祈りされているタイ人が非常に多かったです。ちなみにタイ語ではタンブンといいます。 

f:id:Koh_Phi_Phi333:20190507003719j:plain

 

f:id:Koh_Phi_Phi333:20190507003722j:plain

 奥まで進んでみると・・・

f:id:Koh_Phi_Phi333:20190507003716j:plain

小さな穴があるので、そこを更に進んでみると・・・ 

f:id:Koh_Phi_Phi333:20190507003731j:plain

普通の洞窟でした(;´∀`) ちなみに僕はここでカメラ持ちながら歩いてたためコケましたw

詳しい地図とアクセス方法

カンチャナブリ中心地から車で40分くらいの距離にあります。市内でレンタカーを借りるか、バス、鉄道で行くことになります。

 

景色が最高なオススメのレストラン

クウェー川鉄橋とアルヒル桟道橋を観ながらゆっくりと食事をされたい方のためにオススメのレストランを記事でご紹介しております!!(*´ω`*) 是非、ご参考ください!!

www.xn----2017-w43exsob98b6a15c2762ac2hey1a5q8ejq1bfe1a.com

すぐ近くにある博物館がオススメ

クウェー川鉄橋のすぐ隣にあるJEATH戦争博物館(World War II and JEATH War Museum)は見応えがあってオススメです。入場料も一人50バーツ(150円ほど)などで、気軽に入れる料金設定になっています。

www.xn----2017-w43exsob98b6a15c2762ac2hey1a5q8ejq1bfe1a.com

僕がニートから海外就職を成功させた方法

僕がニートから海外就職を成功させた方法こちらの記事で説明しています。これから海外で働きたい、住みたいと考えてる方にとても参考になる情報が盛りだくさんなので、是非ご参考ください(*´ω`*) 

f:id:Koh_Phi_Phi333:20180429174039j:plain

海外旅行保険をクレカで無料にする方法

クレジットカード付帯の海外旅行保険を使えば、高額な海外旅行保険を無料で使える方法があることをご存知ですか?(*´ω`*) こちらの記事で詳しく説明しています。 

f:id:Koh_Phi_Phi333:20180328170119j:plain 

派遣ITエンジニアの時給が3000円!?

ITエンジニアの深刻な人手不足で、派遣の時給がガンガン上がっている事実をご存知でしょうか?売り手市場すぎて、経験や時給を上げるなら今がチャンスだと思われます。筆者も派遣からIT業界でキャリアをスタートさせたので、その経験も含めてこちらの記事で詳しく説明しています!!

f:id:Koh_Phi_Phi333:20180429174039j:plain