元ニートがゆるく海外移住した結果

ニート達よ、大志を抱け!!ニート、フリーター経験者が海外生活、旅、投資、就職や転職について雑記的に綴ります。

元ニートが大手IT外資系企業の面接を初めて受けたので、内容をすべて公開!!結果は3次面接で惨敗!!(´;ω;`)

f:id:Koh_Phi_Phi333:20190728120300p:plain

記事で紹介する内容

  • 元ニートの自分にもまさかのスカウトが!!
  • 外資系企業の面接ってどんな感じ?
  • 自分が学んだこと

(この記事は約2〜3分で、最後まで読むことができます) 

 

どうも!!!元ニートで、現在はタイで働いているピーピーです(´・ω・`)ドウモ~

僕は現在、タイにある大手日系企業でIT系営業マンとして働いています。日本ではずっとITエンジニアだったのですが、タイでは営業職の方が需要があるため、前から一度は挑戦してみたいと考えていたので、海外就職で営業職を選ぶことにしました。さて、こんなペーペーな営業マンの僕ですが、そんな自分にも大手IT外資系企業から直接スカウトをいただくというミラクルが起きました!!こんな経験はなかなかないと思うので、個人的な備忘録も兼ねて記事にすべて書いていきたいと思います!!ちなみに結果からお伝えすると3次面接で落ちました(´;ω;`) ブワッ そのため成功体験として期待している方は、申し訳ないですが参考にはならないのでご了承ください。

 

www.xn----2017-w43exsob98b6a15c2762ac2hey1a5q8ejq1bfe1a.com

 

外資系企業から1通のDMをもらう

ある日、仕事終わりにLinkedInからメッセージが入っていた。誰だろうと思い確認してみると本社がアメリカにある某大手IT系外資系企業のリクルーターからだった。それも外国人のリクルーターで、すべて英文だったので驚いてしまった。LinkedInは基本的に英文でのメッセージが多いんだけど、大半はインドに住むインド人からこの企業を受けないかというメッセージが多いので無視するようにしている。このように大手企業からの直接のリクルートメッセージは初めての経験だった。

 

Hi Phi-Phiさん!! あたなの経歴を拝見して、連絡しました。今、弊社のマーケティングチームで営業ができる人材を探しております。Phi-Phiさんの経験であれば、十分に活躍できると思います。興味がありましたら、是非ご連絡ください。

 

なに!?営業だと!?僕はずっとエンジニアの経験で、営業はここタイに来て始めたばかりなのだが。だから、わずか6ヶ月程度である。エンジニアではなく営業でということで驚きだった。具体的にはSales Development Representitiveという内勤営業で、主にメールや電話で顧客のポテンシャルを探りながらアポまで確約する業務だった。勤務形態は1週間に3日は在宅勤務が許され、Flex Timeでも可能という今まで経験したことがない内容でうおーーーとテンションが上がってしまった。さっそくメッセージを返すことに。

 

メッセージありがとうございます!!メッチャ興味あります!!是非チャレンジさせてください!!マジでお願いします!!

というアホな返事をしたら、

返事ありがとうございます。簡単な企業の紹介をしてもらい、Applyする場合は英文レジュメをください。

と言われたので、さっそく英文レジュメを作成し送付することに。ちなみに英文レジュメの書き方は以下の記事で紹介しています。

www.xn----2017-w43exsob98b6a15c2762ac2hey1a5q8ejq1bfe1a.com

ついでに英文在籍証明書の書き方は以下になります。

www.xn----2017-w43exsob98b6a15c2762ac2hey1a5q8ejq1bfe1a.com

 

是非一度、電話でお話したいのですが、可能でしょうか。ご都合の良い日を教えてください。

 

たまたま次の週の月曜日の朝にアポを入れてて、カフェでPCを開いてのんびりしてようと思ってたから良いタイミングで面接アポを入れることができた!!しかし、この場所選びが悪い結果を招くことに・・・。

面接はCisco WebExを使ったものだった。メールで予め参加用のリンクとパスワードを伝えられ、そこで待機していたんだが・・・。待機していたスタバのWifiの調子が最高に悪かったのだ(´;ω;`) なんとか繋がったはいいものの、最終的に面接の結果を全力で出せなかった・・・。

 

今、カフェにいるのかな?声があまり聞こえないから、ビデオ切るね。

すいません。スタバにいるんだけどコネクション悪くて。タイはまだまだネット環境が良くなくて(タイのせいにするしかないんだ)

 まず簡単に外資系IT企業についてと今回受けるポジションの仕事内容について説明を受ける。正直、電話が悪くてすべて聞き取れたわけではないんだけど、うん、うんと言うしかなかった。その後に僕の今までの経歴を説明した後に、再度リクルーターの人から質問を受けた。 

レジュメに大学名が書いてあるけど、学士はあるのかな?

やっぱり聞かれたか・・・。実は中退してまして・・・。

そうなんだ。うん、Ok Ok。経歴について聞きたいんだけど、IT企業での経験はすべて東京?仕事内容は?

意外だったのが空白期間についてそこまで聞かれなかったこと。単純に書かれている経歴についてもっと追加で確認するという感じだった。

現在はタイで働いているということだけど、なんでタイなの?

かくかくしかしか(個人的な事情)

そうなんだね。なるほどね。

タイには日系企業の進出も多いからチャンスが多かったこと、現在の会社の部署にIT経験、知識がある人材がいなかったので、たまたまそこでマッチしたことで採用されました。

なるほど。営業で楽しみを感じることはなんですか?

自分で目標を決め、そこにコミットし、結果を出した時の達成感でしょうか。それと多くの人に会うことで社会勉強にもなるし。前のエンジニアとは大きく違う点です。

なるほど。シェアしてくれてありがとう。

英語はどうやって勉強したの?

自分で勉強しましたし、前職でも英語を使う機会は多かったからそれで鍛えられました(引きこもってて勉強してましたとは言えず・・・)

希望給与はいくら?

えっ、えっと・・・いくらでもいいです。経験を優先したいです。

これはマジで全く何も考えてなかった。外資系だと給料交渉は大切だと聞いてたんだけど、答えを用意してなかったから、経験を優先したいからいくらでもいいですと言ってしまったのだ・・・。立場的に高い給料を言える身ではないし、グローバル企業の名前を経歴に書きたいからしょうがない。キャリアアップのためには犠牲も必要なのだ・・・。

なんで弊社に興味を持ちましたか?

御社はある分野でのリーディングカンパニーというだけではなく、新しい分野に挑戦し続け、スタートアップマインドをいつでも持つようにしている。その企業風土に凄く惹かれました。

なるほど。ありがとう。最後に何か質問はありますか?

自分の印象をどう持たれましたか?

ベンチャー企業への就業経験もあるし、英語での業務経験もある。海外で挑戦しているというところで挑戦心もあって、素晴らしいと思うよ。

次回はあるのか!?

スタバというWifi環境が悪いところを選ぶという失態を犯してしまった僕、これはオワタなと思ったんだけど、意外にもこんな発言が・・・。

とりあえずBachelorがないみたいだから、問題ないかHiring Managerに聞いてみるから待っててね。分かり次第連絡するよ。次回のテレビ面接では、ネット環境の良いところで頼むよ。

すっ、すいません。ありがとうございます(´;ω;`)ブワッ

英文レジュメのアドバイスもしてくれた

これだとマネージャーに紹介できないから、再度修正してくれないかな。アドバイスあげるから、この通りに書いて再度送り直して欲しいんだ。頼むね。

このリクルーターの方が凄く良い人で、英文レジュメの書き方も後日メッセージでアドバイスしてくれたのだ。これれは改めて以下の記事に書いたので、是非参考にしてもらいたい。

まさかのHiring Managerはバケーション中

レジュメを送ったはいいものの、その後リクルーターからの返事がなかなか来ない。

あんなにレスポンス良かったのにどうしたのかな・・・

と思ってたんだけど、数日後にリクルーターから返事が来た!!

返事が遅れてしまいすまない。既に君のレジュメは海外のHiring Mangerに送付済みなんだけど、どうもバケーション中らしいんだ。何回か催促してるんだけど、返事が貰えない。申し訳ないんだけど、もう少し待ってくれ。必ずアップデートするから。

アメリカ人でも日本で働いてるだけあり、文章が非常に丁寧。今までインド人、タイ人と働いてきたけど、大体1文くらいで終わりのケースが多いからね。人にもよるけど。

1週間まるまるバケーション中と聞き、この週は再度テレビ面接が入るかもと考えてたけど、その可能性がなくなった。そのため職場のアポに集中して入れることにした。どうせテレビ面接の際にズル休みすることになるだろうしね・・・。今から真面目にやっておいて、点数稼いでおくのだ。

英語面接のアドバイスを貰う

面接前日にリクルーターから電話がきて、いろいろと次回の面接官についてや、企業についてなどアドバイスを貰った。その時に自分が知らないことばかりでかなり焦って話していたのだ。その焦りを感じ取ったのか、リクルーターが英語面接でアドバイスしてくれた。

  • 面接で焦ると人は早口になる傾向があるけど、それはよくない。ゆっくりと落ち着いて話そう。
  • 話す前にうーんとか、えーとか言わない(これかなり言ってたのだ・・・)
  • 会社についてもっと調べよう

非常にためになるフィードバックを貰い、翌日の面接では気をつけるようにした。

Hiring Managerとの二次面接

1週間はHiring Managerがバケーションということで連絡が来ないと思ってんたけど、休暇中にメールに目を通してくれたみたいで、高卒だけど二次面接の許可が出たのだ。なんとか高卒、元ニートだけど大手IT系外資系企業から面接のチャンスを得た!!もうこれだけでもミラクルなんだよね。ここは新卒ではチャンスのない企業で、キャリア採用が中心だからこそ僕のような人間でも面接してもらえたのだ。さっそく二次面接での内容を紹介したいと思う!!

Hiring Mangerはシンガポールにいる女性の方で、LinkedInで経歴を確認したらIT業界を中心にずっと働かれている方みたいだ。年齢的には40半ばくらい?でかなり仕事ができそうなキャリアウーマンといった感じ。過去にも他の大手IT外資系企業で経験を積まれた方なだけある。シンガポールとタイの時差は1時間あるんだけど、夕方に面接を設定されたため、このために会社を休むことにした。

 

はじめまして。

はじめまして。テレビ面接にしたいんだけど、同僚がいるのと、ビデオ面接にする必要はないと思うから音声通話に切り替えてもいいかしら?

はっ、はい・・・(スーツをビシッと着た意味ないじゃん・・・)

それではまずあなたの経歴を聞かせてもらえますか。

これはいつも通り自分の経歴やなぜタイで働いているのかなど、5分くらいで説明した。ここは用意していたからスラスラ説明できたんだけど、相手が配慮してくれたのかミュートにしてて、それが僕には違和感でしょうがなかった。相手の音声が全く聞こえないため、まるで壁に向かって話しているような感覚なのだ。これが慣れなくて辛かった・・・。

現在、タイで働いてるのね。タイ語は話せるのかしら?

いえ、少ししか話せません・・・。主に電話で日本人に繋いでもらいたい場合などに使いますが、レベルしては低いです。

分かりました。あなたの経歴を見たら、学歴がまず高卒であること、空白期間があるわね。そこについて詳しく教えて下さい。

単純に大学での学部が自分に合わなかったこと、空白期間はアルバイトをしていたなど答えると、さらに詳しく聞かれることに・・・。

あなたエンジニアだったのに、なんで営業やってるの?

エンジニアでは得られない対面でのビジネスコミュニケーション能力を身につけたかったからです。

あなたの営業手法について教えてもらえますか。

いつも自分が業務で行っている営業をそのまま伝えたら、まさかここまで深く聞かれるとは思わなかった。

今回のポジションは主に電話やメールで顧客にアプローチして、ポテシャルがあると分かったら外勤営業部隊に引き継ぐことが一番のタスクになるのよ。だから、直接お客さんのところに行くことはあまりないわ。どうやってポテンシャルがあるか、どうか判断できますか?

新規開拓営業で頻繁にテレアポはするんだけど、そこでポテンシャルがあるかどうかを探るのって、大体は直接会ってるからな・・・。正直、答えが出てこず苦し紛れに答えた回答が以下です。

電話の段階で値段のことばかり聞いてくる場合は、今のサービスに満足している証拠だと思うので、ポテンシャルが低いと私は考えます。何からサービスへの不満であったり、欲しいものがあれば、まずはそこを電話でも教えてくれると思うので・・・。

なるほどね。でも、この時代なんだから顧客も安いものが欲しいと思うはずよ。競合他社で同じくらいのサービスで安い値段であるという場合はどうされますか。

ムズすぎワロタ・・・。もう答えが見つからないので、僕も値段をディスカウントします!!

としか言えませんでした。営業は客を奪い合う戦争みたいなものなので、どんな手段でもいいから奪うという気持ちは大切であると伝えておきました。もう無茶苦茶すぎると思いながら、面接で答えています。

そういえば、今回の応募だけど、きっかけは何だったのかしら?

LinkedInで御社のIさんから面接を受けてみないかとメッセージ頂いたことがきっかけです。

あ〜Iさんね・・・。彼があなたを紹介したのね。

最後に何か質問ありますか?

僕についてどういう印象を持たれましたか?

これから社内で考える必要があるから多くは言えないけど・・・そうね、エンジニアから営業と幅広く経験されていて挑戦心のある方だなと思いました。営業としても非常にアクティブに攻める営業で、関心したわ。

あっ、ありがとうございます・・・(でも、どうせ落とすんでしょ?)

ということで、約1時間30分のフル英語での面接が終わった。もう終わった時には疲れ果て、メンタル的にもきつく、もう落ちたと思いながら最低なテンションだったため、そのままベッドに飛び込んで爆睡していた・・・。

奇跡的に2次面接通過

このズタボロだった面接の次の日は、郊外へのアポが入ってたため辛い体を無理くり動かし営業へ行くことに。もうメンタル的にも立ち上がれず、車の中で爆睡していたことを覚えている。その日のお客さんは非常に優しいフレンドリーな方だっため、お話をしてたらなんとなく元気になった。運転手さんが自分のお気に入りのお店に連れてってくれて、そこでタイ版カツ屋さんに連れてってくれて、これを食べたらさらに元気になり面接のことなんか忘れてしまった。

オフィスに戻り、お客さんにメールも出すかと考えていると一通のメッセージが・・・。 

 Hi ピーピーさん!!昨日の2次面接が通過したよ!!おめでとう!!さっそく3次面接を調整したいから、希望日を教えてくれ。

もうこれ見た時ね・・・キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!でしたよ!!100%落ちたと思ったから、最高に嬉しかったですね!!しかし、あの面接があと何回続くのだろうと考えると気が重くなったから、あと何回あるのか聞いてみると・・・。

ケースバイケースなんだけど、たぶん5次面接くらいまであるかな。だから、あの今回も入れて3回くらいかな。ちなみに今回の面接はアメリカ本社のマネージャーだよ。前回の面接官の上司にあたる人だね!!

やめてくれ・・・(´;ω;`) 開放してくれ。もう気が重くなり、次の面接のモチベーションを保つのが大変だった。

アメリカ本社のマネージャーとの面接 

タイとアメリカの時差は11時間あり、こっちが朝の時に向こうは夜なのだ。今回の面接も前回と同じくWEBEXを使った面接だったんだけど、タイ時間の夜8時に面接することに決まった。もう仕事でヘトヘトの状態で面接受けるということで、本当に若干頭痛もするくらい疲労が半端なかった・・・。相手の面接官も朝の8時で起きたばかりらしく、顔を見せられないからボイスチャットで頼むと言われました。途中でWindowsの音が聞こえた。

 Hello!!ピーピー!!How are you doing?

おっ、この人は凄くフレンドリーでリラックスして面接受けれそうだな。

では、まず自己紹介をしてもらっていいかな。

いつも通りに簡単に自己紹介をして、自分の経歴を説明したんだけど、ここでアメリカ流?なのか人生で初めての経験をする・・・。

OK、なぜ弊社を選びましたか?

御社はこの分野でリーディングカンパニーであり〜

OK, 営業手法について教えてください

今回は用意した内容をガッツリと伝えたんだけど・・・。

OK,テレアポは1日何件くらいする?

20件しないくらいです。

Ok,4年後のキャリアのビジョンは?

できれば、将来マネージメント側として仕事ができたらと思っています。

Ok,今回のポジションについてどう思いますか?

今の業務を活かせるところが多いし、エンジニアとしての経験があるので技術的なところのキャッチアップがしややすいため、やり甲斐があると考えてます。

Ok,弊社についての聞きたいことはありますか?

御社は日本では1位の座を奪われ、競合ともかなりシェアを奪われてきてますが、どおう思われますか。

そうだね。価格的に競合が安いというのはあるけど、サービス面や自社の技術力などを考えると、高い車を買い、高クオリティを選ぶのか又は安い車を買うのか、低クオリティを選ぶのかだと思っているよ。またチーム一段で全力を出してシェアを伸ばそうというモチベーションはあるね。

 

ご理解いただけただろうか・・・面接時間は25分程度で、相手の反応が本当にOKだけで、聞いてもらえるのか分からず結構きつかった・・・。これがアメリカ流の面接なのか!?アメリカ人との面接が初めてだから、どんなものか分からなかったんだけど・・・以下みたいなのを期待していた。

www.youtube.com

前回のシンガポール人マネージャーと比べると面接時間が極端に短いというのと、経歴の空白期間を全く突っ込まれなかったことに驚いた。外資系は空白期間にそこまで厳しくないという印象を持っていたのに、前回の面接でガンガン聞かれたから今回も聞かれるだろうと用意していたんだけど・・・アメリカ人は全く聞いて来なかったので驚きでした。結局、外資系は空白期間を気にするのか、しないのか?どちらなのだろうか。

アメリカ流のお祈りメールを頂く

面接が終わって4日ほどたちリクルーターの方からお祈りメールが来た。日本のお祈りメールはたくさん受け取ってきたけど、アメリカのものは初めて受け取るので好奇心で見てみたいと思ってたけど、いざ落ちたという現実を突きつけられるとその日は1日中ブルーでした(´;ω;`)オチタノカヨ・・・ 正直、日本のような定型文ではなく、なぜ落ちたのかなど理由をしっかり書いており、本当に時間をくれてありがとうという温かい感謝の文章で締めくくっていた。正直、日本の方が冷たいよね。

まとめ

落ちた理由は熱意が足りなかった

落ちた理由としては、営業としての経験不足であったり、なぜ今回の企業とポジションを志望したのか熱意を全く感じられないというものだった。正直、僕も企業名のブランドばかり目がいきポジションにそこまで魅力を感じていたかと言われたら自信がないのである・・・。今回は落ちるべくして落ちたのだろう。 

高卒でも大企業の面接のチャンスがある

高卒、元ニートでもここまでの大企業と面接してもらるという事実はできた!!学歴がなくても努力してれば、このようなミラクルなチャンスは巡ってくるので、今ニートやフリーターしている皆さんには是非頑張っていただきたいです!!頑張れば何かしらいいことあるよと証明できた面接でした。 

現地採用での海外経験を評価された

僕は現在、タイで現地採用として営業のポジションで働いています。巷では現地採用なんて将来性ないし、給料低いし辞めとけと言われる。しかし、今回のリクルーターが興味を持ってくれたポイントはまさに海外で営業として働いているという経歴なのである。現地採用なんて・・・とは言わず、キャリアアップのために経験を掴みにいく気持ちで挑戦すれば現地採用も評価してもらえると思う。外資系で働いてみたいと考えている方は、現地採用も1つの手段としてありだと思います!!

 

www.xn----2017-w43exsob98b6a15c2762ac2hey1a5q8ejq1bfe1a.com

空白期間について

シンガポール人のマネージャーは空白期間、中退についてかなり聞いてきたけど、ここまで細かい人はこの人が最初で最後だった。現在、他の外資系企業も受けているけど、空白期間や学歴について細かく聞いてくる人はいませんでした。やはり日本企業と外資系企業は比べて学歴、空白期間に寛容なのかもしれない。もちろん企業によるけど・・・。

オススメの人材紹介会社

人材紹介会社によって扱っている案件は本当に違うし、給料も違ったりします。複数登録して、幅広く求人を見ないと機会損失にも成りかねないので、最低2社は登録して就職活動を行いましょう。自分は3社は毎回登録するようにしています。

求人案件だけではなく、担当者と合う合わないもあるので、そのリスクを考え複数登録する方がスムーズです。合わない担当者であれば、他を利用すればいいですしね。

大切なことは複数登録して、試しに足を運んで人材紹介会社のカウンセリングを受けてみること!!案件がなくても、キャリアのアドバイスを貰えるから就職活動で参考になります!!下で紹介しているサービスはすべて無料で利用できるので、使わない手はないです!!自分から動かないと何も始まらないのが就職活動ですよ!!(`・ω・´)ヤルゾ!!

doda(パーソルキャリア)

人材紹介会社大手のパーソルキャリア(旧インテリジェンス)です。パーソルキャリアシンガポールを中心にアジアに複数の拠点があります。ここを利用するメリットは非公開求人が多く、駐在員求人など高給与の案件を紹介してもらえる可能性があること。現地採用以外にハイレベルな駐在員のお仕事も探してみたい方にオススメです。海外就職だけではなく、国内就職でも非常にサポートが手厚く素晴らしい人材紹介会社です。実際に僕はニートから就職する際に大変お世話になりました。(実際に利用した時の記事) 

 

(詳細はこちらの公式ホームページからご確認ください。一緒に登録も可能です。) 

f:id:Koh_Phi_Phi333:20180928001057p:plain

パーソルテクノロジースタッフ

人材紹介会社で大手であるインテリジェンスの派遣特化した求人サイト。IT求人を幅広く揃えているインテリジェンスなので、上流工程など技術寄りの求人も期待できます。ここは派遣会社なら登録しておくべき会社の一つだと思います。他と大きな違いは、ここの会社は全派遣案件に交通費が支給されること!!一般的に派遣社員には交通費が支給されないけど、ここは全額出るという素晴らしい会社です!!2019年4月からすべての派遣社員に交通費が支給されます。

 

(詳細はこちらの公式ホームページからご確認ください。一緒に登録も可能です)

f:id:Koh_Phi_Phi333:20181010010402p:plain

大手IT企業(NTT,KDDI)のグループ会社

大手IT企業(NTT,KDDI)のグループ会社でアウトソーシング事業をやっている会社を狙うのも穴場です。とくに経験を積みたい人は、こういう穴場を狙った方がチャンスが多かったりします。なぜなら親会社から直接仕事を貰っているため、他よりも上流の仕事、英語を使えるポジションを紹介してもらいやすいのです。ここで1〜2年ほど経験値を上げ、もっと待遇の良い職場に転職するという作戦もありです。実際に自分も大手IT企業のグループ会社で働いていました。

リクナビNEXTでKDDIと検索したらそのグループ会社(KDDIエボルバなど)の案件が出て来るので、応募してみましょう。

 

(詳細はこちらの公式ホームページからご確認ください。一緒に登録も可能です。) 

f:id:Koh_Phi_Phi333:20190515231033p:plain