元ニートがゆるく海外移住した結果

ニート達よ、大志を抱け!!ニート、フリーター経験者が海外生活、旅、投資、就職や転職について雑記的に綴ります。

ハローワークの求人はブラック企業が多い現実と使うべきではない理由を詳しく説明します。

f:id:Koh_Phi_Phi333:20190810215644p:plain

記事で紹介する内容

  • ハローワークを使った体験談
  • ハローワークはブラック企業多い!?その理由は?
  • ハローワークよりも人材紹介会社を使うべき理由 

(この記事は約2〜3分で、最後まで読むことができます) 

 

どうも!!!元ニートで、現在はタイで働いているピーピーです(´・ω・`)ドウモ~

就職活動されている方でハローワークで仕事を探そうと考えられた方は多いと思います。僕もニートから就職を考えた際に一番最初に利用したところがハローワークでした。ひとまず国の機関だし、ハローワークに行けば仕事見つかるだろうと思ったんですよね。結論から言うと交通費の無駄でした(´;ω;`) 本記事では、僕のハローワークの体験談となぜハローワークはブラック企業が多いのかを説明していこうと思います!!

 

ハローワークを使った体験談

初めてハローワークを使ったのは、ニート生活8ヶ月目くらいで、そろそろニート脱出しないとという焦りからアルバイトをようやく見つけ、働き始めたタイミングだったと記憶している。新卒採用という道がないから、どうやって仕事を見つければいいのか分からなかった。自分が知ってる少ない情報から、とりあえずハローワークに行けばなんとかなるだろうと藁にもすがる思いで行ったのだ。入り口に入るとまず登録用紙を渡され、それに記入して、今日は就職活動のため求人を調べてに来たと受付に伝えた。番号札を渡され、呼ばれるのをドキドキと待っていた。長い間、誰とも会話をしないで過ごしていたため人と話す行為自体が勇気のいるものだったのだ・・・。

 今日はどうしましたか?

 だ、だ、大学を中退してアルバイトしかしてないので、正社員の仕事を見つけないとマズイと思って・・・。

なんで、大学辞めちゃったの!?もったいないね〜。

どうしても学部が合わず、しょうがなかったんです・・・。

そうなの〜。どんな仕事を探してますか?

えっ、英語が使える仕事ならいいかなと。そ、それと営業とかもいいかなと思ってます。

当時なんの仕事がしたいのか自分でも分かってなかったので、引き篭もり中に勉強していた英語を武器に仕事ができたらと考えていたのだ。

英語ね・・・。厳しいわね。職歴もないしね。でも、必ずあるから頑張って探してみましょうね!!これ会員カードだから、この番号を入力すればPCから求人を探すことができるわよ。

そっ、そうですか。ありがとうございます。探してみます。渡された資料に講習とかもあると書いてますが、受けれますか?

これは6ヶ月以上の雇用保険を払ってないと受けれないのよね。

そうなんですか・・・。分かりました。

就職活動でそこまで役立つアドバイスも貰えず、ひとまず頑張ってみようと励まされるだけ終わってしまった。担当してくれた人は60歳くらいのおばさんで、優しそうな感じの人だったけど、僕の経歴のなさに励ますしかできることがなかったのだろう。

ハローワーク求人の質の低さに唖然

気を取り直してみて、 ハローワーク内にあるパソコンから求人を探してみた。キーワードにとりあえず、英語と入れて検索してみた。自分の地元が地方だからか、英語を求められる求人は1〜2個で、英会話教室のインストラクターとかだった。

 別に英会話教室では働きたくないしな・・・。

と得になんのスキルも職歴もないのに、選び好みしてしまうあたりか世間知らずのニートだったなと我ながら思う。

 では、地方都市ではなく全国にして英語と次は営業で探してみることにした。なぜなら営業が一番求人が多いと思ったからだ。そうしたら、それなりに製造関係や海外の求人が出てきた。東京よりも、愛知県など東海地方の方が求人が多かったことに驚いた記憶がある。自動車関連の会社が多いから当たり前なんだけど、そんなことも当時は知らなかったのだ。

内容を見てみると英語を使って海外出張ありの営業職がちょこちょこあったけど、それでも給料は15万円とか、学歴は大卒のみとか自分で受けられない求人ばかりだった。英語を使うのに給料15万という給料が愕然とした記憶がある。結局、地元にあるハローワークを使ったのはこれが最後だった。東京に移ってからもハローワークに行ってみたけど、正直は質は同じだったので、前職以降で一度も利用していない。

ハローワークはブラック企業が多い!?その理由は? 

ハローワークを通して就職したもののブラックすぎて短期間で退職してしまう人が多いと聞く。なぜハローワークにはブラック企業が多いかというと、理由は以下が考えられる。

  • 採用自体にお金をかけられない中小企業が多い
  • 国から貰える補助金目当てで掲載をお願いしているブラック企業が多い

大手企業や人気のあるところはハローワークなんかにお願いしないのだ。人材紹介会社に高いお金を払ってでも採用をお願いする。結果的に人材紹介会社にお金を払えない体力のないブラック寄りの中小企業が集まることになるため、求人の質自体に期待できないのが正直なところである。

ハローワークは求人を探すところではない

ハローワークは求人を探す場所ではなく、退職後に失業給付を受け取るため、または職業訓練について質問する場所だと思っている。とてもじゃないが、仕事を探す場所としてはお粗末としか言いようがないです。就職活動をするなら求人を多く持っている大手のここの人材紹介会社を利用した方が確実に質の高い求人を紹介してもらえるだろう。自分はニートから就職する際に一番お世話になったところで、面接対策を夜遅くまで付き合ってくれたことを覚えている。残念ながら結局別の形で就職してしまったのが申し訳なかったけど・・・(;´∀`)

 

www.xn----2017-w43exsob98b6a15c2762ac2hey1a5q8ejq1bfe1a.com

ハローワークよりも人材紹介会社を使うべき理由

覚えていただきたいことは国の機関だから質も高いというわけではないこと。むしろ逆で人材紹介会社の方が事業のためサービス面や、アドバイスなど質が高いのだ。

  • 人材紹介会社のコンサルタントは成績のために必死になってアドバイスしてくれる
  • 人材紹介会社には営業マンがいるため、幅広い求人が多い
  • ハローワークの公務員とは違い、彼らも就職活動を乗り越えてきた人達なので、アドバイスできることが多い 

 これから就職活動でハローワークを利用してようと考えている方は交通費の無駄になるので、絶対に人材紹介会社を使い就職活動を行うようにしましょう。

オススメの人材紹介会社

人材紹介会社によって扱っている案件は本当に違うし、給料も違ったりします。複数登録して、幅広く求人を見ないと機会損失にも成りかねないので、最低2社は登録して就職活動を行いましょう。自分は3社は毎回登録するようにしています。

求人案件だけではなく、担当者と合う合わないもあるので、そのリスクを考え複数登録する方がスムーズです。合わない担当者であれば、他を利用すればいいですしね。

大切なことは複数登録して、試しに足を運んで人材紹介会社のカウンセリングを受けてみること!!案件がなくても、キャリアのアドバイスを貰えるから就職活動で参考になります!!下で紹介しているサービスはすべて無料で利用できるので、使わない手はないです!!自分から動かないと何も始まらないのが就職活動ですよ!!(`・ω・´)ヤルゾ!!

doda(パーソルキャリア)

人材紹介会社大手のパーソルキャリア(旧インテリジェンス)です。パーソルキャリアシンガポールを中心にアジアに複数の拠点があります。ここを利用するメリットは非公開求人が多く、駐在員求人など高給与の案件を紹介してもらえる可能性があること。現地採用以外にハイレベルな駐在員のお仕事も探してみたい方にオススメです。海外就職だけではなく、国内就職でも非常にサポートが手厚く素晴らしい人材紹介会社です。実際に僕はニートから就職する際に大変お世話になりました。(実際に利用した時の記事) 

 

(詳細はこちらの公式ホームページからご確認ください。一緒に登録も可能です。) 

f:id:Koh_Phi_Phi333:20180928001057p:plain

パーソルテクノロジースタッフ

人材紹介会社で大手であるインテリジェンスの派遣特化した求人サイト。IT求人を幅広く揃えているインテリジェンスなので、上流工程など技術寄りの求人も期待できます。ここは派遣会社なら登録しておくべき会社の一つだと思います。他と大きな違いは、ここの会社は全派遣案件に交通費が支給されること!!一般的に派遣社員には交通費が支給されないけど、ここは全額出るという素晴らしい会社です!!2019年4月からすべての派遣社員に交通費が支給されます。

www.xn----2017-w43exsob98b6a15c2762ac2hey1a5q8ejq1bfe1a.com

 

(詳細はこちらの公式ホームページからご確認ください。一緒に登録も可能です)

f:id:Koh_Phi_Phi333:20181010010402p:plain

大手IT企業(NTT,KDDI)のグループ会社

大手IT企業(NTT,KDDI)のグループ会社でアウトソーシング事業をやっている会社を狙うのも穴場です。とくに経験を積みたい人は、こういう穴場を狙った方がチャンスが多かったりします。なぜなら親会社から直接仕事を貰っているため、他よりも上流の仕事、英語を使えるポジションを紹介してもらいやすいのです。ここで1〜2年ほど経験値を上げ、もっと待遇の良い職場に転職するという作戦もありです。実際に自分も大手IT企業のグループ会社で働いていました。

リクナビNEXTでKDDIと検索したらそのグループ会社(KDDIエボルバなど)の案件が出て来るので、応募してみましょう。

 

(詳細はこちらの公式ホームページからご確認ください。一緒に登録も可能です。) 

f:id:Koh_Phi_Phi333:20190515231033p:plain