元ニートがゆるく海外移住した結果

ニート達よ、大志を抱け!!ニート、フリーター経験者が海外生活、旅、投資、就職や転職について雑記的に綴ります。

バンコク、アソークのデートで使えるレストラン、El mercadoでワインを楽しめる!!

f:id:Koh_Phi_Phi333:20190113110143p:plain

記事で紹介する内容

  • バンコクのデートで使えるお洒落なレストラン「El mercado」
  • メニューと料金について
  • どんな雰囲気のお店か写真でご紹介

(この記事は約2〜3分で、最後まで読むことができます) 

 

どうも!!!タイ在住ブロガーのピーピーです(`・ω・´)  

グルメ通の上司、先輩に凄いお洒落なワインを楽しめるレストラン「El mercado」に連れてってもらったので、早速写真多めにして記事でご紹介したいと思います!!とにかくお洒落!!デートで彼女を連れて行ったら喜んでもらえること間違いなし、また女子会でも使えそうなお店でした(*´ω`*) こういうお店の引き出しが一つあると確実にレベルアップできる気がする!? 女子同士、欧米人のワイワイ飲み、タイ人同士や日本人とタイ人のカップルも見かけました!!

El mercado 外観

お店の場所自体は小道に入ったところにあるため少し分かりづらいです。店の前に店員さんと、セキュリティがいるので声をかけたら予約しているかどうか聞いてきます。

f:id:Koh_Phi_Phi333:20190113105229j:plain

こじんまりしたお店ですが、奥にもっとたくさんの席があるのです。この外観だけ観るとフランスかイタリアを連想させますが、タイのバンコクです。客層が欧米人多めのお店のため、本当にタイであることを忘れてしまいます。

f:id:Koh_Phi_Phi333:20190113105233j:plain

 このように結構小道に入ったところにあるため、少し分かりづらいです。しかし、ローカル感ある道の向こうにそびえ立つ高層ビルは、アーバンシティを感じさせますよね(*´ω`*)

f:id:Koh_Phi_Phi333:20190113105236j:plain

店中はこんな感じ!!

どうですか!?もうヨーロッパですよね(*´ω`*) 客層は日本人が3割、タイ人2割、欧米人5割といったところ。意外と日本人も多いです。チーズとサラミの注文は奥のお店まで行って、実際に現物を見て注文する形になります。

f:id:Koh_Phi_Phi333:20190113105221j:plain

 

f:id:Koh_Phi_Phi333:20190113105225j:plain

 チーズとサラミは何種類あるのか数えきれないほどあります。主にフランス産ので、ちょいちょいドイツやベルギー産のチーズがあるといった感じです。ちなみに店員さんが簡単な日本語が話せて「柔らかいのか、stinkyなのか」と聞いてきますが、Stinky?だと・・・思いながら適当に選びました。ブルーチーズあたりが匂い強めなのでしょうか。

f:id:Koh_Phi_Phi333:20190113105125j:plain

 

f:id:Koh_Phi_Phi333:20190113105129j:plain

 

f:id:Koh_Phi_Phi333:20190113105450j:plain

 このようにチーズ、サラミどちらも試食ができます。

f:id:Koh_Phi_Phi333:20190113105134j:plain

メニューはこちら

ドリンクメニューはテーブルに置いてあるけど、食べ物はすべて壁に書いてあります。こちらの写真を見たらいちいちメニューを確認しに行かなくてもいいですよ(*´ω`*)

 

こちらがオイスター、牡蠣のメニューになります。牡蠣ってこんなに種類あるんか・・・と驚く僕。適当に49バーツ、89バーツ、55バーツといった感じで値段で我々は決めましたw

f:id:Koh_Phi_Phi333:20190113105615j:image


f:id:Koh_Phi_Phi333:20190113105632j:image


f:id:Koh_Phi_Phi333:20190113105644j:image


f:id:Koh_Phi_Phi333:20190113105650j:image
サラダのメニューはこちらになります。
f:id:Koh_Phi_Phi333:20190113105621j:image 

注文したメニューがこちら!!

まずサラダとチーズ!!いや、マジで美味しいです。手前にあるのがカマンベールになって、奥がブルーチーズですね。どちらもモチモチと柔らかくて、凄く濃厚な感じですね。カマンベールに関しては、みんなで取ってたら後半は形が崩れてるくらい柔らかかったです(*´ω`*) サラミも本格的で、軽い油と塩の味がワインを美味しくしてくれます。

f:id:Koh_Phi_Phi333:20190113105138j:plain

 

f:id:Koh_Phi_Phi333:20190113105141j:plain

 こちらが牡蠣になります!!これが美味いキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! レモンでかけても美味しいし、中央にある赤いソースは酸味と軽い辛さが混じった感じで、これも美味しい。緑はタイ人好みのちょっとピリ辛でした。すべて美味しかったです(*´ω`*)

f:id:Koh_Phi_Phi333:20190113105145j:plain

はい!!もう完璧。全部美味しい。写真見れば説明はいらないですよね?w 

f:id:Koh_Phi_Phi333:20190113105149j:plain

 今回、ワインを白と赤両方ボトルで注文しました。赤はそこまで酸味が強くなく、甘口でしたね。白もさっぱりと甘め。

f:id:Koh_Phi_Phi333:20190113105216j:plain

ここで上司からワインの注ぎ方をレクチャーされ、このようなお洒落なお店でのマナーお作法の重要性を痛感するワイ・・・(´・ω・`)スマヌ・・・ 男性諸君!!この動画で軽く復習していくんだ!!!

www.youtube.com

料金はいくらくらい?

今回は4人で食べ飲みしてたのですが・・・。

  • ワイン(赤と白)をボトルで2本
  • ラオビール4本
  • ステーキ
  • サラミ2種類、チーズ2種類
  • 牡蠣を4人分
  • パンとトマトソース
  • 水(ボルヴィック)2本

合計で8000バーツ(2万7000円くらい)行ってましたね・・・。よく考えると高い・・・。デートでたまに奮発しちゃうぞ!!という時に使えるお店かな。でも、1人2000バーツ(6800円)だと考えると普通かちょっと安めなのかな。日本なら倍くらいしそうだし。こういう高いお店の基準が分からない若造なので、すいません(´・ω・`)スマヌ・・・ でも、社会勉強になり非常良い経験になりました!!!

アクセス

最寄り駅は「MRT クイーン・シリキット・ナショナル・コンベンション・センター駅」になります。英語とタイ語では「Queen Sirikit National Convention Centre(MRT)ศูนย์ประชุมแห่งชาติสิริกิติ์(รถไฟใต้ดิน)」です。ここから徒歩で大体5分ほどとなります。

またはBTS アソーク駅(Asok)から徒歩で行くことも可能です。僕は実際に歩きましたが、20分くらいで到着しました。タクシーやバイタクに地図を見せてもいまいち分かってくれないので、最寄り駅を伝えたら分かってもらえるでしょう。

 

僕がニートから海外就職を成功させた方法

僕がニートから海外就職を成功させた方法こちらの記事で説明しています。これから海外で働きたい、住みたいと考えてる方にとても参考になる情報が盛りだくさんなので、是非ご参考ください(*´ω`*) 

f:id:Koh_Phi_Phi333:20180429174039j:plain

 

海外旅行保険をクレカで無料にする方法

クレジットカード付帯の海外旅行保険を使えば、高額な海外旅行保険を無料で使える方法があることをご存知ですか?(*´ω`*) こちらの記事で詳しく説明しています。 

f:id:Koh_Phi_Phi333:20180328170119j:plain