元ニートがゆるく海外移住した結果

ニート達よ、大志を抱け!!ニート、フリーター経験者が海外生活、旅、投資、就職や転職について雑記的に綴ります。

海外就職、バンコクにあるベンチャー系IT企業の面接に行ってきた。たぶん働く機会はないけど、いろいろ勉強になった。

f:id:Koh_Phi_Phi333:20180930152431p:plain

(こちらの記事は約3〜5分で最後まで読めます)

 

どうも!!!ピーピーです(´・ω・`)

数日前にバンコクにあるベンチャー系のIT企業の面接に行ってきました。前回みたくまたバスで片道2時間近く揺られながらで、本当にヘロヘロだった。連続して面接が入る場合は、バンコクに数日滞在することも考えた方がいいな・・・。

今回は結論から言うと、採用はないと思います!!!記事の中で説明していきますが、タイミング的に難しいかなと思っています。ただ経営者と直接お話する機会があったので、そこが非常に勉強になりました。

www.xn----2017-w43exsob98b6a15c2762ac2hey1a5q8ejq1bfe1a.com

 

大きく成長しているベンチャー系IT企業

創業数年のベンチャー企業ですが、大きく急成長してるみたいです。実際にオフィスも高層ビルに入ってたので、儲かってるのでしょう。社員も何十人といるし、たった数年でここまで大きくできるとか経営者の手腕としか言いようがありません。素晴らしいです。営業畑出身の方みたいだけど、やっぱりマネージメント寄りの経験が多くあるのは営業の方なのかな。

 IT企業だけど、幅広く事業をやってるみたいで、ハードからソフトまでなんでもありという感じみたいです。こういう攻めの姿勢って、ベンチャーでは大切ですよね。 

面接内容

自分のSimはネットだけにしてるんですが、タイでの面接では担当者に直接電話する必要があるみたいです。次からはtop-upしようかと思っています。またパスポートなど身分証明できるものは持っておきましょう。来客用パスを申請する際に必要になります。

 

タイ人スタッフに向かいに来てもらい、面接先のオフィスへ。なんかタイ人が和気あいあいと働いてて、雰囲気はいい感じがする。若い従業員が多くベンチャーという感じです。

ふむふむ、日本ではIT企業で働いてたんですね。今回は営業だけどいいのかな?

はい。前職ではエンジニア寄りでしたが、今回は営業でと考えています。

今回は社長さんと一対一での面接だから、話しやすかった。

分かりました。では、まず簡単に自己紹介をお願いします。

ペラペラ・・・と名前、出身地、自分の強み、経歴についてサラーと説明する。

 

なんかゆるい感じで面接がスタートし、今まで硬い面接しか経験ないから、逆に驚いてしまった。

タイ人と関わったことがあるか凄く重視

タイで働いた経験はありますか。もしくはタイ人と仕事の近い立場で関わった経験があったら教えてください。

タイで働くのは初めてなのでありませんが、前職では外国人が多くいる環境だったので、異なる文化を持つ人達と働くことは慣れています。

そうか・・・。なんでもいいんですが、タイ人と関わって、凄いミスでドン引きしたけど、これに耐えた経験ってありませんか?できれば業務よりがいいです。

(え・・・タイで働いたことないのに・・・。)他の国ではありますが、タイ人に限定するとありません。

タイ人と働く上で、彼らが大きなミスをしてしまうケースが多々あります。そのミスを最終的に直接謝りに行くのも営業の仕事なので、知っておきたいんですよね。逆に何かキレやすいとかってありますか?

いえ、僕の性格は温厚な方だと思うので、キレたことはないですね・・・。

日本人の中には、我慢できなくてキレてしまう人がいるんですが、そういう人はタイでは仕事を続けることはできません。注意するにしても個別でタイ人を呼んで、伝えるなど気を配る必要があります。

(あ〜それ聞いたことあるな)僕は業務ではキレたという経験は全くないです。

 

タイ人は適当な仕事をする人が多いので、細かい性格の日本人は、つい怒ってしまうケースがあるみたいです。だから、タイ人との関わり、理解があるかを確認してたのだと思う。

業務で理不尽な経験

私がサラリーマン時代、結構理不尽な経験があって、それに対して忍耐力というか、耐えられる精神力が必要でした。今まで、業務で理不尽な経験ってありますか?

前職では営業と一緒に仕事する機会が多かったですが、やはり意思疎通ができていなかったり、お客さんのために営業サイドが技術側の責任したりと理不尽な経験はありました。しかし、それに対してキレるという経験はないです。

自分の関係のないことなのに、お客さんに一番に頭を下げに行く必要があるポジションが営業なので、理不尽な経験をしているかって重要だなと思っています。

なるほど・・・。

 

確かに営業は一番前線にいる立場だから、理不尽な経験もするだろう。この質問で営業の適正を見てるんだと思いました。

なんか採用は来年の始めに考えているらしい

実は採用自体は来年の初めてで考えてまして、面接を受けてくれる方々でいい人はいるんだけど、ビザや金銭面で最初に内定が出たところへ行ってしまうものだから、困ってるんですよね。

(えーーーー(;´Д`) そりゃ〜そうだろ。)そうですか・・・。差し支えなければ、理由をご教授いただけますか。

ワークパミットを申請するのに資本金、社員数など関係するので、それの対応のために来年の初めと考えてました。

そうですか・・・。

 

最後は面接ではなく、雑談になってしまった

起業について

なぜ別業界から起業されようと思ったんですか。

一応、タイでは営業としてIT業界に関わってて、最初から起業するつもりでタイに移住してきたんだ。タイ人のマネージメントや会社運営の勉強がしたくて、数年現地採用として勤務してました。やはりITはすべての業界で関わってくるので、起業するならITだと思ってました。

 

会社運営について

タイでビジネスをする以上、主役はタイ人です。うちはガッツリ仕事をしてくれるタイ人にはガンガン給料をあげてます。中には5万、6万バーツ、とかもいますよ。逆に普通の仕事量であれば2万5000バーツほどだけど。

実力主義で、結果を残せば給料をあげる会社は素晴らしいと思います。

大手だとこんなに柔軟にはいかないけど、うちはタイ人スタッフに「いくら欲しいんで、何したらいいんですか?」と聞かさえるようにしてて、タイ人へのモチベーションを高めるようにしてます。

素晴らしい・・・

ガッツリ稼いだら、日本とかに社員旅行するしね。ガッツリ稼いで、ガッツリ使う。これに限るね!!

本当にいけいけな感じですね!!!!

タイで事業する上で、タイ人が主役であり、僕たちはタイで飯を食わせてもらっているという気持ちを忘れてはいけないね。タイ人がいるから僕たちは利益をあげられるんだから。

確かに。大手企業の駐在員だと、ローカル社員を見下してる人多いですもんね。

それだとダメだね。事業はうまくいかない。

 

日系企業で少なからず、日本人が上で、タイ人が下であるという考えの人がいると聞くけど、それはおかしいよね。タイで事業をさせてもらってるんだから、タイ人を尊重しないと。この社長さんが経営をうまく進められてるのは、「タイ人を尊重する」ことを考えてるからだと思う。

日本人の採用について

僕は日本人を採用する際に4つ条件を考えていて・・・1つ目は独身であること、またはタイ人の彼女がいること。2つ目はタイ人と働いた経験が数ヶ月でもいいからあること。3つ目が営業経験があるかないか。4つ目は業界経験があるかないか。この4つのうち2つ当てはまるかどうかで、決めてるんだよね。ちなみにこの4つに当てはまる人達は例外なくタイに残り、最終的に起業してるw 

 

サラリーマン時代の採用経験から上記4つが重要であるという考えに至ったそうです。

元々副業好きだった

私は元々リーマン時代から副業が大好きだったのよ。よくやってたよ。

そこで商売のセンスを身につけられたんですか。

そうだね。前職での面接でも起業します!!副業してました!!というのが理解あって、逆に評価されたんだ。

(ファーーー、そんなことあるのか!?)面接で起業します!!というのがアピールになるケースがあるんですね。

僕もピーピーさんと同じくらいの年齢の時にタイに来てさ、観光ビザに住みながら、最初はいろいろやってたよ。

(やっぱり行動力がないと、起業もうまくいかないもんな・・・・。)

 ピーピーさんも自分で何かやってみたらいいんじゃないかな?まだ若いしね。自分で起業したいなら、30歳を目安に挑戦してみるといいよ。

 

お金持ちになる法則

お金持ちの知り合いを増やすといいよ。経営者やお金持ちは、普段から仲良くする人達をお金持ちにしている。なんだったかな・・・友達10人の年収を足して、それを10で割ると、それが自分の年収になるという「お金持ちの法則」があるんだ。積極的にお金持ちの友達を作ることが、お金持ちになる近道だね。なぜならその経営者から仕事を貰えるからね。ただ、それを友達に言うと嫌われるからやらないけどねw

まとめ

面接は30分くらいで、後半の1時間30分くらい雑談で終わりましたw 面接ではなく、インタビューみたいな感じになってしまったw ま〜内容を見て頂けたら分かると思うけど、働くチャンスはないと思います。

でも、仮に内定を貰っても働かないかな。なんか、この社長さんとは対従業員という関係じゃない方が、学べることが多い気がする。もし機会があったら、またお話をいろいろ聞いてみたい。

今回は就職活動という意味では、無駄足だったかもしれないけど、勉強になる貴重な話をたくさん聞けたらから、自分は満足してます。忙しい中、時間を割いていただいて感謝、感謝です。 

ということで・・・まだまだ海外就職は続きそうであるw タイだけではなく、他の国も検討してみないといけないかも・・・。

海外旅行保険をクレカで無料にする方法

クレジットカード付帯の海外旅行保険を使えば、高額な海外旅行保険を無料で使える方法があることをご存知ですか?(*´ω`*) こちらの記事で詳しく説明しています。 

f:id:Koh_Phi_Phi333:20180328170119j:plain