元ニートがゆるく海外移住した結果

ニート達よ、大志を抱け!!ニート、フリーター経験者が海外生活、旅、投資、就職や転職について雑記的に綴ります。

これから仮想通貨デビューする初心者が気をつけるべきこと

どうも!!!ピーピーです。

2018年から仮想通貨に参入される方、検討されている方は多いと思います。そして、その大半が投資経験0という方々ではないでしょうか。実際に自分も投資経験は0でした。このバブル相場が投資デビューにも丁度良いと判断し、思い切って飛び込むことにしました。

仮想通貨投資を始めて1ヶ月ほどですが、本当に楽しいです。こんなに人生をエキサイティングなものにしてくれるとは思ってもいなかったw 仮に少額でも含み益が増えてたり、逆に減ってたりする、それを確認することを日課にするだけでも楽しんじゃないですかね。

 

さて、そんな投資経験が浅い自分ですが、この1ヶ月でかなり経験値を積んだと思います。何がなんだか分からなく、右往左往している状態でした。今は前よりもこういうことねと冷静に判断できるようになってきました。自分がこれから仮想通貨に参入される方にアドバイスしたいことを何点が説明を交えてあげていきたいと思います。

f:id:Koh_Phi_Phi333:20180108180454p:plain

仮想通貨デビューを検討中の方へアドバイス

超ハイリスクな投資である

投資自体がリスクはもちろんあります。しかし、この仮想通貨は前例がないため誰もがこの先の将来を読めません。中には「これは革命だ!!!バブルではない!!!これからもドンドン通貨の価値が上がっていくぞ!!日本円はオワコン」というイケ〇ヤ層な方がいますが・・・はい、バブルです。その発言自体がバブルです。

実態のないものに価値が膨らんでいき、あり得ない値段になっていく。これって典型的なバブルです。まず仮想通貨はバブルであり、超ハイリスクハイリターンな投資であることを基本的に忘れないでおきましょう。

1000円からでも投資できるよ

僕もそうだったんですが、ビットコインの値段が1枚200万だからもう投資に参入できないじゃん・・・と勘違いしている人多いと思います。いえ、仮想通貨は1000円からでも投資できます。投資デビューに1000円から1万円くらいで始めてみると良いとお思う。1万円くらい仮想通貨を購入しておいて、もしかしたらそれが8倍とかになるかもしれない。そうしたら欲しい財布くらい買えちゃいますよね。

仮想通貨の大暴落に慣れよう、そしてガチホしよう

この仮想通貨はとにかくボラリティ(価格変動)が大きいです。昨日まで200万だったのに、今日は190万になってるなんてこと日常茶飯事です。大暴落の時なんて200万から130万まで落ちました。しかし、また200万まで戻っています。このように価格変動が大きいので、これに一喜一憂していると日常生活を営めないですw この大暴落が起きても焦って売るのはおすすめしないです。「あっ、凄い大暴落じゃん。いつか戻るかな」程度でガチホしている人が今のところは儲かっています。これが戻らなくなるとバブル崩壊なわけですが、今のところは大丈夫です。なので、一番これだ!!と思える銘柄をずっと半年から1年持っておくのが一番ストレスが少なくていいと思います。

 

もちろん高値づかみしていて、利益が出る状態で売ることができるのがベストです。そのお金で再度低い値段になった時に買った方が利益が大きくなりますからね。ただ、社会人の方だとチャートをずっと監視しているわけにはいかないので、難しいかもしれないけど・・・。

f:id:Koh_Phi_Phi333:20180108162356p:plain

初心者は草コインには手を出さす、日本の取引所銘柄をひとまず持っておこう

僕は草コインと呼ばれる時価総額がかなり低い銘柄を好きで持っているのですが、それでも上から20番台です。一番低いので1000番台がありますが、それはあくまで少額しか入れていません。それに凄く上がると自分で思っているので、1年は売らないつもりです。しかし、草コインは上がればリターンも大きいけど、リスクも大きい銘柄です。初心者はコインチェック、ビットフライヤー、Zaifなど日本の大手取引所で扱っている銘柄を購入した方がいいでしょう。大手の取引所の場合は、二段階認証設定をしておけば、仮にハックされて資産を奪われても100万くらいの保証があるところが多いため安心できます。

一番初心者で使いやすいのはコインチェック

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 次にビットフライヤーも人気があります。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

一応、過去にガチホする草コインについても書きましたが、あくまで僕が心から気に入っている銘柄というだけです。紹介した時よりも着実に価格は上げていることは確かですが、半年後は分かりませんしね。

www.xn----2017-w43exsob98b6a15c2762ac2hey1a5q8ejq1bfe1a.com

余剰資金で勝負する

これからどんどん仮想通貨業界に流れるお金は大きくなるでしょう。しかし、先ほども言いましたが、これはバブルです。後から参入した人間であれば、あるほどバブル崩壊時の被害が大きくなります。多額のお金を突っ込んで、バブル崩壊時にすべてを失う人間が出てくることは確実です。

僕たちはこんな時こそ歴史を振り返らなければならないと思う。例えば1986年から1991年にあったバブル景気です。僕もこのバブル時代は知らないです。なにせ崩壊してから生まれたので・・・。でも、Twitterなどで過去のことを教えてくれている方々はいます。下のように明らか価値なんて上がらないであろう土地を買いあさり、上がる上がると思い込んでいた時代だったみたいです。それって、今の僕たちが意味不明は草コインを脳死(思考停止状態のこと)で上がる上がる!!と買い込んでいるのと同じだなと思う。

 自分のような後発組で参入して億りびと(億稼いだ人)になるには、多額の資金をつぎ込んで、リスクをとった人です。自分と同じ12月に始めた人で億稼いだ人がいましたが、彼は2000万を一気につぎ込んだみたいですね。そんなの資金力のない若者は無理。

ブロガー、インフルエンサーの煽りにのらない

去年の1月から参入した人間であれば、10万くらいの初期投資でもそれなりの利益を得ている人間います。彼らがバブルではない、どんどん儲かる!!!と煽れば、一番儲かるのは彼らなんですよね。上でも述べましたが、バブルは後発組であれば、あるほどリスクが高くなります。彼らの煽りに乗って、買っていれば彼らの思うつぼです。確実に言えることは、最初に上がる上がる!!と言っていた人間は上がった後は原資はすでに抜いていることでしょう。

個人的にこの人が推薦する銘柄はおもしろい、信用できる、ICOに参加して宣伝活動まで行っている方など人を見て、決めましょう。にわか投資家が煽り、ポジショントークするような銘柄は買いません。

 悲観で買い、歓喜で売る

投資の世界にはいくつか格言があります。この中でも最も有名なのが、「悲観で買い、歓喜で売る」だと思う。この言葉に投資のすべてが入っているんじゃないかと思うくらい重要だと感じました。

例えば下のチャート画像ですが、この急激に伸びているところを、これを業界ではイナゴタワーと呼んでます。急激に上がった、俺も買う、私も買う、みんな買うでここまで上がり、最後はまた落ちます。急激に上がったものは急激に落ちることを忘れないでおきましょう。

 実際に自分も何回も失敗して損をしました・・・。記事にも書いています。

www.xn----2017-w43exsob98b6a15c2762ac2hey1a5q8ejq1bfe1a.com

 大暴落した時に買ってみよう

自分はビットコインが200万の時に参入したので、結構その段階で損しました・・・。その後すぐに大暴落して130万くらいまで落ちたので、その時に買えばよかったなと思いました。また相場の格言になりますが・・・

上がり坂あれば下り坂あり

上がるものは下がる

商いは急がず時を待て

上がったものは下がるんですよ。もちろん200万のビットコインが20万に戻ることはありませんよw しかし、過去に200万から130万に下がったように、上がったものは下がるんです。相場はタイミングを逃しても、またいつかチャンスがやってきます。焦らず待つのも重要であることを今回の投資で学ばされました。

 投資は自己責任、情報を仕入れ、自分で精査しよう

投資は自己責任です。インフルエンサーの煽りに乗り買っても誰も保証してくれません。だからこそ、自分でしっかりと情報を仕入れ、精査した上で購入しましょう。僕は普段、Twitterやニュースで情報を仕入れています。しかし、Twitterでもポジショントークという根拠のない煽りをしているだけの人が多くいます。そういうのは無視するか、あえて精査して購入するかを考えましょう。

まとめ

多くのアドバイスを書きましたが、僕が投資を始めて重要だなと感じたことばかりです。大半の記事やTwitterが楽観的な内容ばかりなので、僕はあえて現実的な記事を今回書きました。

自分はTwitterやブログで好きな銘柄について記事にしますが、絶対に買うべき!!と煽るつもりはありません。でも、どうせ自分のような弱小ブログを訪れてくれたんだから、少しでも利益のある話はしたいと考えています。個人的には自分が進める銘柄よりコインチェックなど大手の日本取引所で扱っている銘柄の購入をおすすめします。

この仮想通貨投資はある意味で「世界戦」です。日本以外にもアメリカ、中国、韓国など多くの国が参入してしのぎを削るバブル世界大戦なのです。どうせならそのお金が他国に流れるのではなく、日本に入ってきて欲しいと願っています。少しでも多くの日本人の方々が勝てるよう情報を提供していこうと考えています。