元ニートがゆるく海外移住した結果

ニート達よ、大志を抱け!!ニート、フリーター経験者が海外生活、旅、投資、就職や転職について雑記的に綴ります。

バンコクを含めたタイ全土に自動販売機が導入!!日本の自販機と違いは?

f:id:Koh_Phi_Phi333:20181002171350p:plain

(こちらの記事は約1〜2分ほどで最後まで読めます) 

 

どうも!!!ピーピーです(´・ω・`)

日本ではいたる所に自動販売機があり、外でも気軽に飲み物が購入できますよね。しかし、それって実は世界的には珍しいことなんですね。僕が現在、滞在しているタイや東南アジアでは自動販売機は全く見かけたことがありません。やはりコストがかかるということ、治安的に壊される可能性があるからだと思われます。

 

でいぜろバンコクさんが自動販売機についての動画を上げていましたが、彼らがネタにするくらいタイには自動販売機がレアなのです。しかし、最近どんどんタイにも自動販売機が増えてきたので、ご紹介したいと思います!!!

www.youtube.com

 

タイで導入が増えている自動販売機がこちら!!

噂のタイ全土で導入が増えている自動販売機がこちらになります!!!なんと、タッチパネル式の自動販売機なのです!!!キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 僕の地元、札幌でも見かけたことないのに・・・w 東京ではちょいちょい見かけますよね。

全く同じタイプのものをバンコクのBTS改札あたりでも見かけました。ちなみに僕が撮ったこの写真はバンコク以外のところになります。

f:id:Koh_Phi_Phi333:20181002170456j:plain

ドリンクの値段は? 

若干自動販売機の方が値段が高いですが、2〜3バーツ(5〜10円ほど)の差なので、そこまで気になりませんね。タイは常夏なので、すぐに飲み物が買える利点を考えたら、それくらいの差額であれば許容範囲かなと僕は思います。

f:id:Koh_Phi_Phi333:20181002170502j:plain

実際にタップしてみた

支払い方法

支払い方法は以下2種類になります。

 

  • 現金支払
  • BluePay

 

f:id:Koh_Phi_Phi333:20181002172942p:plain

 BluePayという電子マネーが使えます。やはりIT化が進んでます。ちなみにこの自動販売機にはアリババグループのロゴが入っていたので、たぶん中国製だと思われます。IT化を推し進めている中国の最新機器なのでしょうか。

 

たぶん数年後にはタイでも自動販売機で飲み物が買えることが当たり前になりそうな気がします(*´ω`*) 旅行で発見したらドリンクを購入してみましょう。

海外旅行保険をクレカで無料にする方法

クレジットカード付帯の海外旅行保険を使えば、高額な海外旅行保険を無料で使える方法があることをご存知ですか?(*´ω`*) こちらの記事で詳しく説明しています。 

f:id:Koh_Phi_Phi333:20180328170119j:plain